坐骨神経痛とは坐骨神経が圧迫されて神経痛が起こる症状です

坐骨神経痛とは坐骨神経が圧迫されて神経痛が起こる症状です

 

坐骨神経痛の初診でかかる科
坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されることで神経痛が起こる症状です。 そして坐骨神経痛とは、一般的に臀部から太ももの後ろにかけて痛みがあり、症状がひどくなると痺れを伴うこともあります。 坐骨神経痛は病院の何科にかかるかというと、初めは整形外科になります。 また事故や外傷が思い当たらない場合で痛みを伴う時は内科になります。

 

 

坐骨神経痛の症状の説明をします
坐骨神経痛の症状の説明をします。 坐骨神経痛は,何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりして,腰や臀部,太もも,ふくらはぎや足の先などに,鋭い痛みやしびれ,麻痺などの症状が生じます。

 

 

坐骨神経痛の原因について
坐骨神経痛とは、お尻から脚の裏側にかけて痛みや痺れといった症状が現われる事を言います。症状がひどいと、麻痺や歩行障害といった症状が出る場合もあります。  坐骨神経痛の原因の解説をします。坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫される事が原因で起こります。坐骨神経の圧迫が起きる原因としては、若い年代ならば腰椎椎間板ヘルニア等、年配ならばヘルニア以外にも、腰部脊柱管狭窄症等が原因となる場合が考えられます。

 

 

坐骨神経痛の痛みを軽減させるブロック注射
坐骨神経痛の痛みを軽減させるために使用されるのがブロック注射です。ブロック注射には仙骨部硬膜外ブロック注射、神経根ブロック注射などいろいろな種類があり症状に合わせて使い分けます。この注射は神経根に与えるダメージも大きいため、医師とよく相談することが大切です。

 

 

坐骨神経痛のストレッチ方法は、無理をせずゆっくりとした動作で行いましょう
坐骨神経痛のストレッチ方法は、安定した平らな場所で動きやすい服装と楽な姿勢で行います。自分の体の硬さに合わせて、ゆっくりと弾みを付けずに体を動かします。その際に痛みを感じるほどの無理はせず、「痛いけど気持ちいい」や「伸びている」という効いている感覚がある程度に留めます。

 

スポンサードリンク