坐骨神経痛とその他の6の症状

スポンサードリンク

熱の出方によって違う!坐骨神経痛と熱の関係

 

その他の6の症状

汗をかく
お尻がだるい
冷え
むくみ
頭痛

 

 

熱の出方によって違う!坐骨神経痛と熱の関係
坐骨神経痛と熱の関係は特別珍しい事ではないので、あまり気にする事はありません。しかしもし背骨を挟んで片側だけが熱がある、汗をかくといった症状がある場合は重篤な病に罹っているおそれがあります。放っておくとますます重症化する可能性があります。

 

 

坐骨神経痛でお尻がだるい画像
そのお尻のだるさ、ひょっとしたら坐骨神経痛かも!?
お尻や太ももの裏側にだるさや重さを感じたりしていませんか?坐骨神経痛とだるいの関係は、坐骨神経と呼ばれる神経の圧迫による初期症状だといわれています。坐骨神経はちょうどお尻の中ほどを通って足まで伸びているので、長時間同じ姿勢を保持したまま座り続けていると、知らず知らずのうちに神経が圧迫を受け、この疾患を引き起こしてしまうのです。

 

 

坐座骨神経痛は冷えと密接な関係があるので要注意
坐骨神経痛と冷えの関係は密接ですから、気温が低い日は注意すべきです。秋から冬だけではなく、梅雨時も寒い日がありますから気をつけましょう。寒いと感じた時は、腹部や腰部を温めることがポイントです。腹巻きは効果的なアイテムです。腰に貼るカイロも有効です。

 

 

坐坐骨神経痛とむくみの関係
坐骨神経痛とむくみの関係を説明します。この疾患が強いと、臀部から太もも裏、ふくらはぎへと神経症状が出ます。神経症状が強いと歩く際に脚をしっかりと地面につけず、脚全体の筋肉が使われないため、脚に水分が溜まり、むくみます。

 

 

坐骨神経痛と頭痛のダブルパンチ
坐骨神経痛と頭痛の関係は神経痛が連動して起きている可能性があります。首や背骨の歪みからくる頭痛の場合、その歪みが坐骨の痛みを引き起こしている可能性があります。逆にこの疾患が影響し、頭痛を引き起こすこともあるそうです。この疾患と頭痛解消のためには、日ごろからストレッチやマッサージを行い血流を良くし、歪みを改善することが大切です。

 

 

坐骨神経痛とジムなどでの運動
坐骨神経痛の場合、ジムなどでの運動は、基本的には、身体全体の血流が良くなり、神経症状を和らげる効果があります。しかし、臀部(でんぶ)の筋肉のトレーニングをし過ぎると、筋肉が凝り固まり、坐骨神経が圧迫され、症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。
坐骨神経痛とおしり回りの部位の関係

 

 

筋トレのし過ぎで坐骨神経痛を起こす画像
筋トレのし過ぎで坐骨神経痛を起こす?
筋トレのし過ぎで坐骨神経痛を起こすことがあります。特に、スクワットなどの臀部の筋肉のトレーニングをし過ぎると、筋肉が凝り固まってしまい、臀部の筋肉の間を通る坐骨神経が圧迫されてしまい、神経痛を生じます。

 

 

坐骨神経痛とウォーキングやジョギングの関係
坐骨神経痛にはウォーキングもジョギングもどちらもやり過ぎには、悪い影響を及ぼします。臀部の筋肉を使い過ぎて凝り固まってしまうと、臀部の筋肉の間を通る坐骨神経が圧迫され、神経痛を生じます。また、ウォーキングよりもジョギングの方が負荷は大きいので注意が必要です。

 

 

ランニングと坐骨神経痛
マラソンなどの長時間のランニングの障害の1つとして坐骨神経痛があります。長時間のランニングでは、臀部の筋肉が使われ、凝り固まってしまいます。そのような状態になると、臀部の筋肉の間を通っている坐骨神経が圧迫され、神経痛を起こしてしまいます。

 

 

ゴルフは坐骨神経痛と関係する?
ゴルフは坐骨神経痛を起こすことがあります。その理由はスイングにより、臀部の筋肉の収縮が繰り返され、凝り固まってしまいます。臀部の筋肉の間を通る坐骨神経が圧迫され、神経症状を起こします。また、ゴルフでの長距離歩行も同様に臀部の筋肉が収縮されるため原因となります。

 

 

 

スポンサードリンク