坐骨神経痛とその他の疾患の因果関係

癌の可能性も?坐骨神経痛には注意!

 

癌の可能性も?坐骨神経痛には注意!
癌との関係ですが、その痛みがただの坐骨神経痛ではなく癌による痛みであることがあります。男性の場合では前立腺癌、女性の場合などでは子宮癌や卵巣癌の初期症状として発生することがありますので、痛みが長引く場合などは注意が必要です。

 

 

痔が悪化して坐骨神経痛になる!?
と痔との関係は直接的には基本ないですが、痔が悪化することで坐骨神経痛になることがあります。痔が悪化することによって座り方や歩き方が不自然な形になることによりそれが負担となりこの疾患を引き起こしてしまうのです。

 

 

坐骨神経痛と自律神経の関係とは
自律神経との関係は、神経が出る場所が同じであるために同時に同じ症状が起きてしまう事です。坐骨神経痛は意識をして足の筋肉や関節を動かす事が出来ますが、自律神経は意識をして動かせないです。しかし、筋肉と内蔵の神経のスタート部分が同じになっているので同時に起こります。

 

 

その腰痛は腎臓からのメッセージかも?
腰痛というと坐骨神経痛を疑う方が多いですが、この疾患と腎臓の関係を知っていると腎臓からのメッセージかもしれないと気付くかもしれません。腎臓に異常があると痛みが腰周辺に発生するので、前屈や回転運動では大して痛みがないのにジャンプして着地すると奥の方から痛むという場合には腎臓の病気の可能性があります。

 

 

坐骨神経痛と陣痛は関係あるか
陣痛との関係は、女性が妊婦になると骨盤が広がるので不安定になり姿勢が悪くなり坐骨神経痛が引き起こされます。お腹の赤ちゃんが下に降りてくる事で、骨盤が広がります。これにより、症状が出てくるのです。

スポンサードリンク