足がつる、しびれなどは坐骨神経痛の前兆?

坐骨神経痛としびれの関係性について

 

坐骨神経痛としびれの関係性について
坐骨神経痛としびれの関係については、腰から足にかけて伸びている「座骨神経」という神経が、様々な原因で刺激されることであらわれてきます。その多くが腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろなどのしびれから、悪化すると歩行に障害をきたすこともあります。

 

 

坐骨神経痛と足のしびれの関係
坐骨神経痛と足のしびれの関係を説明します。坐骨神経は臀部の間の筋肉を通り、太もも裏、ふくらはぎ、足へと通っています。そのため、坐骨神経が圧迫されると、その範囲の痛みやしびれなどの神経症状を発症します。

 

 

座骨神経痛と両足のしびれの対策
坐骨神経痛と両足のしびれの関係は、腰から足にかけて伸びている「座骨神経」という神経が、さまざまな原因によって圧迫と刺激されることであらわれてきます。多くが、腰痛に引き続いて発症し、おしりや太ももの後ろ、すね、足先のしびれから歩行障害を伴うこともあります。

 

 

足がつるのは坐骨神経痛の前兆?
坐骨神経痛と足がつるの関係は密接な関係です。坐骨神経痛の前兆として、足がつる症状が出てきます。例えば、長い時間椅子に座っていた後で、立ち上がると足がつる場合があります。それが頻繁になってくると坐骨神経痛が発症しやすいので注意しましょう。

 

 

坐骨神経痛の起き上がれない症状
坐骨神経痛と起き上がれないの関係は、何らかの原因で坐骨神経が圧迫され、起き上がる時に必要な腰やおしりを使うと痛みが発生することにあります。坐骨神経は、腰から膝のあたりまで伸びているため、症状が出る範囲は腰から足にかけてになります。痛みの他にしびれを伴うことがあります。

スポンサードリンク