坐骨神経痛の手術はレーザー、PN法、LOVE法、MED法等があります

坐骨神経痛の手術はレーザー、PN法、LOVE法、MED法等があります

 

坐骨神経痛ヘルニア手術
坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニアの痛みに起因するものであるといわれています。その対処療法には、昨今の医療技術の発展に伴い、さまざまなものがあるとされています。具体的には、保存治療から手術などがあげられます。

 

 

坐骨神経痛の手術期間
坐骨神経痛といっても原因は様々あり、その中でも一番多いものは、腰椎間板ヘルニアです。いろいろ治療を受けても改善されない場合、最終手段として手術があります。手術方法も様々あり、比較的期間の短いものは、レーザー治療、PN法、LOVE法、MED法等が挙げられます。これらは日帰り手術から長くても一週間くらいで済みます。よく医師と相談の上、自分に合った手術法を選びたいですね。

 

 

坐骨神経痛の手術費用の一例について
坐骨神経痛の手術期間場、日帰りからと比較的短い時間で済みます。一番短いのは、レーザーを使います。手術の方法によっては、保険適応外です。とはいえ、手術費用の一例としてあげられている多い物でも60万円です。最低30万円位からと言われています。

 

 

坐骨神経痛と脊柱管狭窄症と手術
脊柱管狭窄症の症状とは、いわゆる坐骨神経痛の痛みが起こるとされ、腰周辺部や下肢部の痛みやはり、しびれなどがあるとされています。対処療法としては、保存治療や手術などがあげられます。担当医師との相談の上での選択が必要といえます。

 

 

手術による坐骨神経痛治療後のリハビリ
何らかの原因で坐骨神経が圧迫され、腰や太腿あたりが酷く痛み、膀胱や腸にまで影響がでるほど坐骨神経痛の症状が進むと手術が検討されます。手術直後は安静が必要ですが、医師の指導下で徐々にリハビリが行われます。固まった筋肉や関節を温め、軽いストレッチで筋力を回復させます。

 

スポンサードリンク