坐骨神経痛とさまざまな因果関係とは?

坐骨神経痛とストレスの関係

 

坐骨神経痛とストレスの関係
坐骨神経痛とストレスの関係を説明します。坐骨神経は臀部の筋肉の間を通っており筋肉が硬くなると圧迫され神経痛を起こします。ストレスは、身体全体の筋肉が緊張してしまい、神経を圧迫してしまいます。また、血流も悪くなり、神経の症状を強くさせることも起こります。

 

 

坐骨神経痛とエアコンの関係
坐骨神経痛とエアコンの関係を説明します。エアコンの当たり過ぎは、身体全体を冷やしてしまい、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。臀部の筋肉への血流が悪くなり凝り固まった状態になってしまうと、坐骨神経を圧迫し神経症状が強くなります。

 

 

その椅子とその姿勢が坐骨神経痛を悪化させている原因かも!
デスクワークが長いと椅子の座り方もつい自己流になってしまいがちです。特に坐骨神経痛の症状で悩んでいる方は、坐骨神経痛と椅子の関係はとても密接で、体形に合わない椅子や背もたれのない椅子は姿勢も悪くなり坐骨神経痛を悪化させる原因になります。

 

 

坐骨神経痛と寝方の関係
坐骨神経痛と寝方の関係を説明します。うつ伏せ姿勢で寝る場合、臀部の筋肉がリラックスされ、その間を通る坐骨神経の圧迫がとれ、症状が緩和します。しかし、仰向けで寝る場合、臀部が圧迫され、神経症状が出ます。

 

 

坐骨神経の症状を抑えたいなら!車の運転には注意が必要
坐骨神経痛と運転の関係は密接ですので気をつけましょう。長時間の運転はこの疾患を悪化させる可能性があります。そのために、時間を決めて運転をすることは重要なポイントです。運転の合間に、車を降りてストレッチ体操を行う方法も有効です。

スポンサードリンク