坐骨神経痛とおしり回りの部位の関係

坐骨神経痛と尾てい骨の関係

 

使い過ぎは良くない!大腰筋のトレーニング
坐骨神経痛は左右の太ももの付け根と腰の辺りに違和感を感じ、放っておいたら痛くなる場合があります。立ったり座ったりする動作の時にも、ぴりぴりした感覚があります。スポーツジムなどで大腰筋を使い過ぎが原因です。

 

 

坐骨神経痛と尾てい骨の関係
坐骨神経痛は明らかに神経を圧迫していますので我慢をしても治りません。坐骨神経痛と尾てい骨の関係はお互いに密接しておりそこに神経が走っていますので何らかのバランスが崩れて圧迫するという現象が起こります。

 

 

坐骨神経痛とおしりの関係
坐骨神経痛とおしりの関係を説明します。おしりの筋肉が硬くなると、おしりの筋肉の間を通っている坐骨神経が圧迫され、神経痛を起こします。痛みの範囲はおしりから、太もも裏、ふくらはぎ、脚裏と広範囲に痛むことがあります。

 

 

坐骨神経痛と臀部の関係
坐骨神経痛と臀部の関係ですが、お尻から足先にかけて坐骨神経という太い神経があり、そこに異常があるとお尻や足に痛みやジンジンした違和感が出てきます。そのような痛みや違和感があるときは坐骨神経痛かもしれません。
運動をする場合の臀部の筋肉と坐骨神経痛の関係

 

 

痛みや違和感を覚えたら要チェック
坐骨神経痛に悩まされる方は多くいます。特に右側の部位の痛みが酷い場合があり苦労します。背中から腰のあたりまでに痛みや違和感を覚えるような症状です。

スポンサードリンク