腰椎狭窄症とは変形により脊柱管が狭くなり神経や血管が圧迫される病気です

腰椎狭窄症とは変形により脊柱管が狭くなり神経や血管が圧迫される病気です

 

腰椎狭窄症の読み方
ようついきょうさくしょう

 

 

腰椎狭窄症とは病院の何科?
腰椎狭窄症とは、腰椎が狭窄していることから生じる痛みや痺れなどの症状です。 では、そのような症状に悩まされるようになったら、「病院の何科?」と悩む人もいます。 まずは、整形外科や疼痛緩和ケア科などに相談してみるとよいです。

 

 

腰椎狭窄症の主な症状
特に高齢者に多く見られる腰椎狭窄症の主な症状の説明をします。腰の違和感や張った様な感覚、腰痛、足のしびれが挙げられます。安静時は何でもなくても、歩いたり、階段の上り下りをすると足のしびれや腰痛が強くなり、休んだり、前屈みの姿勢をとると楽に感じるようになるのが特徴です。

 

 

腰椎狭窄症が起こる原因
腰椎狭窄症の原因の解説をします。 腰椎狭窄症は脊柱管を取り囲むじん帯や脊椎板の変形・変性により脊柱管が狭くなることで脊柱管の中を通る神経や血管が圧迫されることで起こる病気です。 生まれつき脊柱管が狭い場合、先天的に腰椎狭窄症を発症する場合もあります。

 

 

腰椎狭窄症の治療方法について
腰椎狭窄症とは、腰椎の中にある脊柱管が狭くなるという症状です。脊柱管は神経に通り道になっているので、その神経を圧迫される事になり、脚等に痺れや痛みが起こります。  腰椎狭窄症の治療方法の説明をします。代表的な治療方法としては、消炎鎮痛薬や血流改善薬等を投与する薬物療法や、専用の器具で患部を固定するコルセット療法等があります。また、症状がひどい場合には手術という方法もあります。

 

 

ストレッチで腰椎狭窄症を改善する方法
腰椎狭窄症の痛みやしびれを改善するストレッチ方法の解説をします。 これは手術をしないで、腰椎狭窄症を改善するストレッチ方法です。 ストレッチのポイントは3つになり、まず体幹を鍛えることによって、狭窄による圧迫を減らします。 次に足首を強化し、筋力の低下を防ぎます。 さらに腰や股関節の緊張をゆるめるストレッチで、腰椎狭窄症の痛みやしびれを改善することができます。

 

スポンサードリンク