椎間板炎とは腰周辺部における血行障害が起因してる場合もあります

椎間板炎とは腰周辺部における血行障害が起因してる場合もあります

 

椎間板炎とは病院の何科?
椎間板炎とは、椎間板に起こる炎症のことであり、病院の何科といえば、整形外科の受診が勧められています。主には、腰の周辺に痛みが走るとされています。すぐに治まる場合もありますが、慢性化する場合もあり、注意が必要です。

 

 

椎間板炎の症状を良く知り早めの受診を
椎間板炎の症状の解説をします。 発熱や腰や背中の強い痛みを感じる症状、微熱が続きゆっくりと痛みが増してくる症状、発熱などもなく夜に痛みがある症状などがあります。 以上のような症状がある場合は早めの受診をお勧めします。

 

 

化膿性椎間板炎の検査について
腰や背中に痛みを感じる化膿性椎間板炎は化膿性脊椎炎とも言われます。その化膿性椎間板炎の検査方法の説明をしますと、まず単純X線で患部の画像を撮影します。単純X線撮影では見つけにくい初期段階にはMRIも有効になります。

 

 

椎間板炎の原因とは何か
椎間板炎の原因の解説をします。椎間板炎とは、椎間板に起こる炎症のことであり、原因としては、加齢や日々の仕事や生活の姿勢によるもの、または、腰周辺部における血行障害が起因している場合もあるとされます。

 

 

椎間板炎の治療方法は
椎間板炎の治療方法の説明をしますと、鎮痛剤による痛みの抑制とコルセットなどで腰を固定する保存療法が主です。それで痛みが軽減しなかったり、日常生活に支障が出るほどの強い痛みが続く場合には手術を行うこともあります。

 

スポンサードリンク