椎間板損傷とは一般的にぎっくり腰と言われている腰の病気です

椎間板損傷とは一般的にぎっくり腰と言われている腰の病気です

 

椎間板損傷とは病院の何科に行けばいいのか
椎間板損傷とは、一般的にぎっくり腰と言われている腰の病気です。物理的な負荷が掛かり、椎間板が損傷して腰痛が起こります。病院の何科に行けばいいのか分からないときには、椎間板の損傷を確認するレントゲンを撮影するためにも整形外科に行きます。

 

 

強い痛みを生じる急性椎間板損傷の症状
これから腰の椎間板損傷の症状の説明をします。急性の場合には、激しい痛みを感じることがあります。人によっては、立つ・座るなどの動作を行う際に痛みを生じるという場合もあります。 椎間板損傷から椎間板ヘルニアに移行することもあります

 

 

椎間板損傷の原因について
椎間板損傷の原因の解説をします。椎間板損傷は物理的なストレスが腰にかかり、椎間板を損傷してしまうことが原因で起こります。背骨に大きな負担をかける姿勢や、足を組むなど体が歪む姿勢を続けることも腰への慢性的な負担になり、椎間板損傷の原因となることがあります。

 

 

椎間板損傷の治療方法
椎間板損傷の治療方法の説明をします。ほとんどの場合、安静にすることで自然に症状が軽減されます。痛みが激しい場合は、腰部硬膜外神経ブロックなどの鎮痛のための治療も行われます。内服薬として鎮痛消炎剤や筋弛緩剤内、ビタミン剤などが投与される場合もあります。

 

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手が椎間板損傷でフィンランディア杯を欠場
羽生結弦選手は腰の椎間板損傷による骨の変形が原因で10月10日に開催されたフィンランディア杯を欠場しました。フィギュアスケートの選手で腰の怪我に悩まされている人は少なくありません。重症の場合は手術による治療が必要な場合もありますが、今回羽生結弦選手は4週間の安静が必要と診断されました。
GPシリーズ 中国杯2014年ではウオーミングアップ中に中国のエン・カン選手とウオーミングアップ中に激突し、流血したにもかかわらず、5回も転倒しても頭に包帯巻きながら執念の4分半を演じきり、大健闘の2位という結果でした。

 

スポンサードリンク