化膿性椎間板炎とは脊椎部分に化膿を生じて様々な症状が現れる病気です

化膿性椎間板炎とは脊椎部分に化膿を生じて様々な症状が現れる病気です

 

化膿性椎間板炎の概要と診療科目について
化膿性椎間板炎とは脊椎部分に化膿を生じることで様々な症状が現れる病気です。主に腰の部分に痛みを伴うと同時に発熱症状がでます。急性の場合は高熱が続き、慢性の場合は痛みはそれほどなく発熱も微熱程度ですが脊椎部を押すと痛みを伴います。また下肢のしびれの症状もあります。  病院の何科?については整形外科の診療分野となりますが、糖尿病などからこの病気に発症することも多く内科とも連携をしながら治療にあたります。

 

 

発熱や腰などの痛みの症状が起きます
腰の化膿性椎間板炎の症状の解説をします。抵抗力の低い高齢者や病気を持っている方が背骨に細菌が感染して起こる病気です。急性型の場合は発熱と腰の激しい痛みが起きます。症状によっては、下肢にも痛みや腫れがあります。

 

 

化膿性椎間板炎の原因
化膿性椎間板炎の原因の解説をします。化膿性椎間板炎は細菌が血管の流れに乗って脊柱に侵入することで腰背部の痛みを引き起こします。血液感染では泌尿器疾患、婦人科系の疾患からの感染が多いとされ、原因となる菌は黄色ブドウ球菌が多く、まれに真菌が原因の場合があります。

 

 

化膿性椎間板炎の治療方法
化膿性椎間板炎の治療方法の説明をします。 原則として安静と抗生物質の投与になりますが、症状によって腰を安定させるギブスを固定する時もあります。 また化膿してうみが発生し、腰の神経を圧迫した場合は手術が必要になることもあります。

 

 

化膿性椎間板炎のリハビリ方法
化膿性椎間板炎は、化膿性脊椎炎とも呼ばれ、細菌が血流にのって脊椎に入り化膿させる病気です。 脊椎の中でも腰椎と胸椎に起こりやすく、頸椎に起こることは稀です。 腰部に激痛が現れ、治療は抗生剤の投与と安静です。 受診をして、リハビリ方法だけの説明をしますと言われることは、ほぼありません。"

 

スポンサードリンク