腰痛の43の対処法

スポンサードリンク

腰痛には26の疾患があります

 

ページ内更新情報
43のバランスボールを更新しました。
42の姿勢を更新しました。

 

 

腰痛には11の疾患があります
1椎間板ヘルニア
2ぎっくり腰、急性腰痛症
3椎間板炎
4腰椎狭窄症
5腰椎分離症
6腰椎すべり症
7腰椎圧迫骨折
8反り腰(腰椎椎間関節症)
9脊柱管狭窄症
10化膿性椎間板炎
11坐骨神経痛
これらの疾患は病院の整形外科で受診するとよいでしょう。

 

代表的な病気以外にも
内臓の病気が15の原因の場合があります

 

腰痛に悩む男性の画像

 

12腎臓病(左腰の鈍痛がある場合)腎臓に胆石があるなど
13腎盂腎炎
14肝臓病(右腰の鈍痛がある場合)
15肝不全

 

16直腸ガン
17大腸ガン
18すい臓がん

 

19卵巣の病気、子宮等が関係している
20膀胱炎
21尿管結石
22虫垂炎(右腰に痛みを感じます)
23下痢
24便秘
25膵臓(膵炎)が炎症を起こす
26前立腺

 

腰痛に食事療法ダイエットの画像
27食事療法ダイエット
肥満は腰痛を悪化させます。
体重が多ければ多いほど腰に負担になります。
ダイエットで体重を軽く心がけましょう。

 

 

28対処法としてコルセットは有益です
この疾患の対処法として、腰に負担がかからないようにコルセットを装着することは有益な方法です。コルセットでガードした上で、入浴後にマッサージを行うことをおすすめします。日頃から、疲労をため込まない生活習慣にも、気をつけるようにしましょう。ヘルニアのコルセットは有益ですが、選び方は、腹圧を逃がさず、日常生活を送る上で邪魔にならず、通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

 

腰のコルセットのそれぞれの特徴

 

 

腰を固定する新モデルザムストzw-7 5 4 3 ペルヴィロックとの違いは?

 

 

29腰サポーター
痛みを軽減させる腰サポーターの巻き方、産後の腰サポーターの選び方、ザムストの腰サポーターの特徴、上半身を腰サポーターで固定する事でスムーズな動きでマラソンも快適に走れます、おすすめの腰サポーター、スポーツ用サポーターを解説してます。
腰サポーターの巻き方は腰全体を包み込み左右からグッと引き締めて巻く事です

 

 

30ベルト
バンテリン腰痛ベルトの特徴、中山式腰痛ベルトの特徴、人気のAmazonの腰痛ベルト、介護用腰痛ベルトの特徴、夏用腰痛ベルトの特徴、「腰椎保護ベルト、パワフルギア、ワイドタイプ」、汗をかいてもすぐに乾く吸汗速乾素材を解説してます。
腰痛ベルトの5つの特徴

 

 

31腰痛クッション
オフィスのデスクワークに腰の痛みによいクッションを活用、車のドライブ中の腰痛にはこれ、腰痛クッションを椅子の背もたれに、腰痛持ちの人が腰痛クッションを使って寝ると楽になる、ヘルニアには腰痛クッション、寝る時の腰痛クッションの置き方を解説してます。
腰痛クッションは適度な固さと正しい姿勢が保てるので痛みを軽減できます

 

 

32対処方法として寝方を工夫
この疾患への対処方法として、寝方を工夫すると効果があります。仰向けに寝る場合、膝の下に丸めた毛布などを敷くと腰に負担がかかりにくくなります。横向きに寝るのも、腰への負担を和らげる寝方のひとつです。この場合、膝の間に枕などを挟むと寝やすいことがあります。
腰痛の寝方で良いのはうつ伏せ、仰向け、それとも横向き?

 

コルセット寝方、この疾患にバスタオルを使用した方法、腰の痛みを改善させるクッションと座布団、仰向けの寝方での寝具かベッドは腰の痛みにはNG?良い抱き枕を挟んだ寝方は腰に良い?うつ伏せだと神経を圧迫して腰に負担をかけるを解説してます。
腰痛に良い寝方と6のグッズ

 

 

33腰に良いベッドの選び方
おすすめのベッド、腰痛ベッド対策、この疾患ならマットレス選びが重要、腰痛ベッドの選び方、腰痛ベッドは布団も一緒に購入するとよい、背筋がS字状になるマットレス、脊椎保護型マットレス、マットは柔らかいか硬いベッドか?を解説してます。
腰痛ベッドの選び方は背筋がS字状になる脊椎保護型マットレスが重要です

 

 

34温めるという対処法
対処法として、温める方法は有益です。この疾患は、筋肉の緊張が原因で起こっている場合が多く、筋肉を温めて血行を良くすることにより、痛みを緩和する効果が期待できます。ちなみに、ギックリ腰など「急性腰痛」の場合には、炎症が起きているので温めてはいけません。

 

 

35温熱療法
ヘルニアなど、この疾患の対処法として、針やマッサージ、電気治療、レーザー、温めなどさまざまなものがあります。

 

 

36スポーツなどの運動療法
この疾患が酷いときには、スポーツをしないほうが良いのですが、長期間安静にしていると余計に痛みが酷くなることもあります。この疾患の他に痛みの原因となる疾患がない場合、ある程度体を動かしたほうが痛みに上手く対処できることも多いのです。

 

 

37筋トレ
腹筋をして腰が痛い場合、間違った腹筋は腰痛の元、腹筋で腰が鳴る理由、腹筋は腰の少し床から浮くのが理想、腹筋・背筋をセットで行う、2つは必ずセットで行う事が原則、音を鳴らしたりは危険な行為に繋がります、腰を痛めてしまうリスクを解説してます。
腰を痛めない腹筋は背筋もセットで行う事が原則です

 

この疾患の予防はバランスボールで筋トレ、腰痛や肩こりは6秒エクササイズで簡単筋トレ、腰痛は背筋の筋トレ、筋トレ器具を使った腰痛予防、顎を10センチ浮かせ10秒間保ち10セット行う、無理な筋トレをすると、かえって腰を痛めるを解説してます。
腰痛の筋トレ6秒エクササイズ

 

 

38ストレッチ方法
上体を反らす腰のストレッチ方法、背中と腰のストレッチ、椎間板ヘルニア・腰痛ストレッチ、バランスボールを使った腰のストレッチ、腰のストレッチのためのバレエレッスン「アン・ドゥオ−ル」、いろんな腰のストレッチ方法を解説してます。
腰の4のストレッチ方法

 

 

39理学療法を取り入れる
理学療法である腰痛体操を取り入れて腰痛予防、高齢者介護者の腰痛体操、寝ながらできる体操、立って行なう体操、効果的な産後の腰痛体操、自分の腰痛タイプに合った体操を行う事が大切、腹筋と臀筋を鍛えるのが効果的を解説してます。
腰痛体操に理学療法を取り入れて 腰痛予防しましょう

 

 

40薬の特徴
腰痛薬おススメランキング!1位、2位、3位を発表、腰痛の薬ロキソニンの特徴、ボルタレンの特徴、腰痛に効くバファリンの特徴、アリナミンの特徴、炎症を抑える消炎効果がある、薬を飲むことが苦手な人であっても比較的飲みやすいを解説してます。
腰痛の4つの薬の特徴

 

 

41腰の牽引
腰の牽引方法について、腰の牽引効果、腰の牽引器具とは何?自宅でも使用可能か、腰の牽引を自宅でする方法、腰の牽引により悪化する、腰の牽引時間はどのくらい?体重の約何分の1程度の力によって引っ張る?神経の圧迫を緩和させるを解説してます。
腰の牽引する力は体重の約3分の1程度の力で引っ張ります

 

 

42姿勢
姿勢が原因で発症するケースが多いので注意が必要!改善は姿勢と重心を正すことからはじめよう、PC作業をする時の姿勢が原因、姿勢を矯正しよう、姿勢と立ち方もチェック!を解説してます。
腰痛は姿勢が原因で発症するケースが多いので注意が必要!

 

 

43バランスボール
バランスボールの座り方、この疾患に効くバランスボールの活用方法、バランスボールストレッチ!バランスボールと体幹の関係、腰椎前弯、骨盤前傾させた良好な姿勢を保持させる、腹筋や背筋も鍛えられるを解説してます。
バランスボールと腰痛と体幹の関係

 

 

以上が43の対処法です。

スポンサードリンク