腰痛体操に理学療法を取り入れて腰痛予防しましょう

腰痛体操に理学療法を取り入れて腰痛予防しましょう

理学療法である腰痛体操を取り入れて腰痛予防をしましょう
腰痛体操とは理学療法の1つであり、腰痛がある人および腰痛を予防するのに大変有効な体操です。 様々な方法がありますが、すべてを行うのではなく、自分の腰痛のタイプに合った体操を行う事が大切です。 毎日行える簡単な体操が多いので、自分に合った体操を見つけて毎日続ける事で腰痛予防につながります。


 

高齢者介護者の腰痛体操について
超高齢社会となった日本において、介護を行う介護者の腰痛問題は深刻な問題です。高齢者をベッドから車いすへ移乗する際やベッド上での体勢を変える時など高齢者の体重を支えるために腰部を酷使してしまい腰痛を誘発してしまう。そのためリハビリを兼ねた腰痛防止のために腰痛体操を行う必要性があります。


 

寝ながらできる腰痛体操
腰痛には腹筋と臀筋を鍛えるのが効果的です。仰向けに寝て膝を立て、手を腰辺りに置き、お尻を締めて軽く浮かせる感じで持ち上げ、おへそを覗き込むような感じで頭を上げる、という寝ながらできる腰痛体操をするとよいでしょう。


 

立って行なう腰痛体操があります
腰痛は、とても辛いです。腰痛を少しでも和らげる、立って行なう腰痛体操があります。立って行なう腰痛体操であれば、場所を考えずどこでもできます。毎日体操を続けることで、腰に与える負担を軽減することができます。


 

効果的な産後の腰痛体操
産後に腰痛に悩まれる方も多いと思います。そんな時は、仰向けになって両膝を立て、左右に膝をたおす、という腰痛体操をするとようでしょう。3回くらいが目安ですが、無理をしないで、痛みがあればすぐにやめましょう。


スポンサードリンク