スポーツヘルニアになったスポーツ選手

スポーツヘルニアになったスポーツ選手

 

スポーツヘルニアに悩ませられた男子テニスのベネトー選手
フランスの男子テニスのジュリアン・ベネトー選手が2015年5月の全仏オープンに欠場しました。3月頃から痛めているスポーツヘルニアからの回復が間に合わなかったためです。昨年の大会ではロジェバセランとのダブルスでグランドスラムを獲得していました。

 

 

男子テニスのブライアン・ベイカー選手
鼠径部痛症候群とも呼ばれることのある「スポーツヘルニア」は、体幹や股関節の辺りの筋力とその張力が不均衝になることで、鼠径溝の近くの下腹部左右に痛みが生じるものです。男子テニスのブライアン・ベイカー選手もこの疾患で手術を受けた選手の一人です。

 

 

NFLシアトル・シーホークスのマーション・リンチ選手
スポーツ選手がなりやすい!スポーツヘルニアとはスポーツをしている時の体勢や負担が原因となることが多く、たくさんのスポーツプロ選手が悩んでいる病気です。NFLシアトル・シーホークスのマーション・リンチ選手もその一人で、スポーツヘルニアの手術を行い、リハビリを行って復帰を果たしました。

 

 

NFLヒューストン・テキサンズのJ.J.・ワット選手
NFLヒューストン・テキサンズのJ.J.・ワット選手は2016年1月にスポーツヘルニアの手術を受けました。サッカー選手は体幹のアンバランスな筋力がヘルニアの原因と言われており、多くのスポーツ選手が手術を受けています。いきなり痛みを感じるのではなく徐々に骨がねじれていきます。体幹を鍛えることでスポーツヘルニアを予防しましょう。

 

 

NBAペリカンズのライアン・アンダーソン選手
その痛み、スポーツヘルニアかもしれません。ヘルニアとは何らかの原因で神経を圧迫してしまい痛みが生じる病気です。サッカー選手は鼠蹊部に多く、バスケットボール選手は首や腰に症状が出やすくスポーツヘルニアとも呼ばれています。NBAペリカンズのライアン・アンダーソン選手もヘルニアに悩まされた一人です。

 

 

NBAダラス・マーベリックスのデロン・ウィリアムズ選手
NBAダラス・マーベリックスのデロン・ウィリアムズ選手に知られるように、スポーツヘルニアはスポーツ選手が誰しもおそれる病気です。神経が集まっている首など、場所によっては手術がしにくく、一生付き合っていかなくてはならない場合もあります。とってもこわい!スポーツヘルニアに気を付けましょう。

スポンサードリンク