スポーツヘルニアになったサッカー選手

スポーツヘルニアになったサッカー選手

 

スポーツヘルニアとはスポーツ選手に多くみられる怪我で、特にサッカー選手に多いと観察されています。サッカー選手は走りながら体をひねり、ボールをけるという動作を四六時中しているので、そけい部に負担がかかりスポーツヘルニアを発症してしまいます。

 

 

サッカー選手はなりやすい!スポーツヘルニアの恐怖
パリ・サンジェルマンFCのマルコ・ベラッティ選手もスポーツヘルニアの手術を行なったとニュースでも報道をされましたが、スポーツヘルニアとはサッカー選手が最もなりやすいと言われています。前かがみでボールを蹴る姿勢が腰に負担をかけてしまい、ヘルニアの原因となります。

 

 

スポーツヘルニアになったバロテッリ選手
色々と公私にわたってお騒がせのイタリアのサッカーチームミランのフォワード、マリオ・バロテッリ選手もスポーツヘルニアでそけい部の痛みを抱えていました。しばらく痛みがひどく試合に出られていませんでしたが、手術を受けることにより回復するめどが立ったようです。

 

 

マンチェスターシティのフェルナンド選手
マンチェスターシティでミッドフィルダーとして奮闘していたフェルナンド選手ですが、スポーツヘルニアによって戦列を離れていました。しばらくは痛み止めの注射を打ちながら試合に出ていたようですが、ずっと痛みを持ったままプレーをしていたと告白しています。フェルナンド選手は手術ではなく、患部を静養することによって回復したとのことです。

 

 

ハビ・マルティネス選手
ドイツのバイエルンミュンヘンに約40億円という高額な移籍金で入ったハビ・マルティネス選手もスポーツヘルニアに悩まされ一時期治療を受けていました。スペイン代表に名を連ねる一流選手ですが、やはり酷使されたそけい部が音を上げ痛みをずっと抱えていたようです。

 

 

マイケル・オーウェン選手
元サッカー選手でイギリスの超有名なクラブチームリヴァプールのフォワードであったマイケル・オーウェン選手もスポーツヘルニアの問題を抱えながらプレーしていました。しかし、2009年のチャンピオンズリーグの大一番でそけい部の痛みが悪化し、試合を途中退場してしまいました。

 

 

中村俊輔選手
日本でも海外でも大活躍してきた横浜F・マリノスの中村俊輔選手もそけい部の痛みを感じながら試合に出続けました。本人は痛みをそれほど感じないと言いながら、試合に出ていましたが、海外チームのセルティックにいた時には日本代表の試合のための移動が痛みを悪化させたようです。スポーツヘルニアには疲労も悪い影響を与えることが分かります。

 

 

このようにスポーツヘルニアの問題を抱えるのがほとんどサッカー選手であることを知ると、問題を防ぐために体幹を鍛えるなどの予防がとても大切であることが分かります。

スポンサードリンク