腰痛と姿勢は密接な関係があります

腰痛は姿勢が原因で発症するケースが多いので注意が必要!

 

腰痛は姿勢が原因で発症するケースが多いので注意が必要!
腰痛は姿勢が原因なのか、気にかけている方はとても多いです。背中が丸まっていたり、あごを突き出したりすると、腰に大きな負担がかかりますので注意が必要です。この疾患と姿勢は関連性がありますので、日頃から気をつけるべきです。

 

 

腰痛の改善は姿勢と重心を正すことからはじめよう
腰は非常にデリケートな場所であり、少しの負担でもかけ続けると慢性的な腰痛が発生してしまいます。特にこの疾患は姿勢が非常に大きく関係しています。身体の左右どちらかに重心が傾いていたり、猫背と呼ばれる腰をかがめる格好をとっていると腰に負担がかかりこの疾患をおこしてしまうのです。これらを改善するためにも日頃から正しい格好を保ち、腰に負担をかけないことが大切なのです。

 

 

その腰痛、PC作業をする時の姿勢が原因です!
姿勢の悪いままpc作業をしていると、前かがみの猫背の状態になります。猫背になってしまうと、首や肩の痛み、そして腰痛へとつながり、状態が酷いとヘルニアなどになってしまう恐れがあります。足を組んだり肘をつくのも身体に負担がかかり体勢が悪くなる原因となります。

 

 

腰痛には姿勢を矯正しよう
これから、矯正の仕方を説明します。主な原因として、姿勢の悪さが挙げられます。長時間にわたって腰に負担のかかる体勢をとり続けた場合には、慢性的な腰痛を引き起こすリスク・可能性が高まってしまうので、立ち上がって時々、背伸びなどして体勢を矯正しましょう。

 

 

腰痛と姿勢と立ち方もチェック!
腰痛と姿勢は密接な関係があります。特に、猫背は症状を悪化させますから注意が必要です。背筋を伸ばして、腰を立てる体勢ならば腰に負担がかかりません。尚、座っている時ばかりだけではなく、正しい立ち方をキープすることも重要です。

スポンサードリンク