脊柱管狭窄症とは背骨の中にある脊柱管という部分が狭くなるという疾患です

脊柱管狭窄症とは背骨の中にある脊柱管という部分が狭くなるという疾患です

 

脊柱管狭窄症の読み方
せきちゅうかんきょうさくしょう

 

 

脊柱管狭窄症とは病院の何科?
脊柱管狭窄症とは高齢者によく見られる症状です。重い物を運ぶなどの重労働をしていた人に多く見られます。腰の周りを重く感じたり、腰や足に痛みが生じるのが初期の症状です。また、歩き出すと足がしびれて動けなかったりといった症状も見られます。「痛みを緩和したいけれど、行くのは病院の何科?」と迷ったら、まず整形外科を受診してみて下さい。レントゲンなどで検査をして診断をしてもらいましょう。

 

 

脊柱管狭窄症はどんな症状か
背骨を縦断する脊髄神経中枢の通り道である脊柱管が、狭窄を起こすことにより神経を圧迫し、腰やお尻、太ももなどに痛みを発症したり、痺れをお越したりする症状を脊柱管狭窄症と呼びます。脊柱管狭窄症の症状の解説をしますと、同じ神経症状の椎間板ヘルニアは前かがみになった時に神経痛が発症する事が多いのに対し、脊柱管狭窄症はその正反対で、背中を沿る姿勢を取った際に症状が発症するのが特徴です。

 

 

脊柱管狭窄症の原因について
脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊柱管という部分が狭くなるという疾患です。腰部で起きるケースが多いです。脊柱管の中には神経が通っているため、この脊柱管が狭くなると神経が圧迫されてしまいます。これによって、脚等に痺れや痛みが起こります。  脊柱管狭窄症の原因だけの説明をします。代表的なものとしては、加齢が挙げられます。年齢を重ねる事によって背骨に変化が起こり、これが原因となって発症してしまうのです。

 

 

治療法は、症状によって異なります
腰部の脊柱管狭窄症の治療方法の解説をします。体操やストレッチを行うことで痛みを和らげることができます。症状が軽い場合は、この他に血行を改善させる投薬も行なわれます。症状によっては手術が行われます。

 

 

脊柱管狭窄症の予防で痛みを軽減
脊柱管狭窄症の予防法の説明をします。運動不足や加齢により腰周辺の筋力が低下すると脊柱狭窄症が起こり易くなるので、軽いストレッチによって腰周りの筋力を強化します。仰向けに横たわり、両足を伸ばしてから、片足を曲げて膝が胸につくようにします。同じ動作を交互に数回繰り返します。

 

スポンサードリンク