最新の腰痛治療は「IMS治療」です

スポンサードリンク

最新の腰痛治療は「IMS治療」です

 

最新腰痛治療は「IMS治療」です
腰痛治療方法が、昔と比べ変わり始めてきています。昔の腰痛治療との違いを説明します。昔は、腰痛時は温めるか冷やすかしたり、マッサージをしたりといった方法でした。最新腰痛治療は「IMS治療」という方法があります。この治療はカナダ人医師が西洋医学のリハビリと東洋医学の鍼(はり)をもとに開発した治療法です。

 

 

腰痛の手術の画像
腰痛治療ではまず医師の診察は整形外科だけ?
腰痛治療には接骨院や整体院、整形外科や鍼灸院など様々な施設が利用可能です。しかし、その中で医師の診察を受けることができるのは整形外科だけです。腰痛になった場合、まずは整形外科を受診して原因を探るのが定石です。

 

 

腰痛治療は整骨院でもできる
腰痛は骨盤や体内の骨の歪みが原因で起こる事もあります。 なので内科や外科というような病院ではなく、整骨院でも腰痛治療ができます。 整骨院の治療に薬を使う事はないです。 骨の歪みを治すために手術をするという事もないです。

 

 

スポーツ腰痛治療とは
スポーツ腰痛治療とは、スポーツを行なうことが原因で起こった腰痛を治療することです。普通の場合になる腰痛とはことなり、スポーツ特有の動き、筋肉の使い方に起因するため、整体や整形外科の知識だけでなく、スポーツに関する知識が必要になります。

 

 

腰痛治療の1つにブロック注射という方法がある
腰痛治療の1つにブロック注射があります。 ブロック注射とは、痛みのある部分の神経や関節やその近くに、直接注射を打ってステロイド剤などの薬を注入します。 腰痛の場合は、腰に直接注射を打ちます。 その結果、筋肉の収縮や弛緩を抑えつつ、血液の流れを良くして腰痛を改善します。

 

 

椎間板ヘルニアの手術について
椎間板ヘルニアが原因の腰痛はひどい場合には腰の手術が必要となります。手術としてはリハビリのことも考え、出来るだけ筋肉や骨を痛めないよう内視鏡や顕微鏡を使用し筋肉を除けながら優しい手術を行います。また、最近ではレーザー減圧術などの新しい方法も登場しています。

 

 

腰の手術費用の一例
腰の手術費用の一例として、椎間板ヘルニアの経度の場合45万円から可能です。 最近では、局部麻酔で入院なしの手術が可能ですから、仕事を休むのが難しいビジネスマンも治療が受けやすくなっています。 あくまで腰の手術費用の一例ですから、手術を受ける際には直接クリニックへ問い合わせが必要です。

 

 

狭窄症で腰の手術を行った画像
腰の手術を行い、狭窄症は早期に治しましょう
多くの人が悩む狭窄症による腰の痛みですが、この痛みは休めば回復する為、そのまま耐えている人も多い病気です。しかし、病気が進行すると神経障害にまで達し、手術でも治りにくくなってしまう事もあります。狭窄症は一刻も早く腰の手術を行い、早期に治なさければならない病気です。

 

 

ボルトで固定して腰椎の動きを止める手術
腰部脊柱管狭窄症などで神経が圧迫されて出た痛みや麻痺などが他の治療法で治癒しない場合、腰の手術が選択されます。脊柱管の後方から神経の圧迫を除去し、ボルトで固定して腰椎の動きを止めることによって腰の痛みが軽減します。

 

 

腰の手術を行った後のリハビリ方法について
腰の手術を行った後のリハビリ方法とは、まず病院内での起き上がりの訓練から始まるのです。そして、痛みの状態を確認しながら立ち上がりの訓練を行い、徐々に歩行を行っていくのです。さらに、筋力トレーニングや日常生活での動きの訓練など様々な動作を行っていき退院となります。退院後は、通院をしながらさらにリハビリを行っていき、腰の手術前の状態へと戻していきます。 これが腰の手術のリハビリ方法です。

スポンサードリンク