腰痛の寝方で良いのはうつ伏せ、仰向け、それとも横向き?

 

腰痛の横向きでの寝方について
腰痛の寝方として最もいいものは、横向きで眠るというものです。腰痛がある人は、抱き枕を足で挟んで眠ると更に体に負担をかけずに眠ることができます。硬めの布団やマットレスを使用することで、腰の痛みを軽減することが可能になります。

 

 

腰痛の仰向けでの寝方について
仰向けは腰痛の寝方として大変有効なものです。仰向けで眠ると横向きやうつぶせの時とは異なり、体に歪みが生じにくくなるからです。様々な寝方がありますが、仰向けは椎間板に負担がかかりにくいので痛みが出にくくなります。

 

 

腰痛の場合にうつ伏せで寝るのは良いか悪いか
うつ伏せで寝るのは、ストレッチ程度の短時間であれば良いのですが、長時間となると腰が反った体勢になるので腰痛の寝方としては好ましくありません。 また、顔を左右のどちらかに向けることで体に歪みをもたらす原因になるのでうつ伏せで寝るのはやめましょう。

 

 

寝過ぎて腰が痛い理由
寝過ぎて腰が痛いというのは、身体の重心がずれたためです。特に布団が柔らかい場合は腰が沈むためより、腰に負担を強いるため、重心がずれやすく痛みも激しくなります。また、寝方も重要になります。うつ伏せや横向きなどによっても異なってきます。

 

 

腰痛を改善する抱き枕
腰痛の寝方として推奨されているものが、抱き枕を使っての睡眠です。右でも左でもいいので自分の楽な方を向いて手と足で挟んで眠ることで、腰痛を改善することができるのです。この時に少し膝を曲げて背中が丸まらないようにすると、リラックスして眠ることができ痛みも軽減します。

スポンサードリンク