急な腰痛の12の理由

スポンサードリンク

急な腰痛の7の理由

 

 ページ内更新情報

前かがみによる過度な腰の負担が原因です
以降を更新しました。 

12の理由
ぎっくり腰
生理痛
胃腸炎
尿管結石
子宮内膜症
左は膵臓の病気
右は腎臓の病気
猫背などの前かがみになる
椎間板ヘルニア
便秘
下痢
がん

 

急な腰痛の画像
急な腰痛と腰痛の簡単な対処法
急な腰痛と腹痛が同時に発生した場合、女性の生理痛を別とすればまず疑われるのは消化器系の異常です。特におなか周辺が冷えている場合などは、胃腸の働きや血行が悪くなっている可能性が高いと言えます。患部を優しく手でさすったり温めたりする事で改善が見られないかまずは試してみることがおすすめです。

 

 

急な腰痛と症状
急な腰痛はもぎっくり腰の場合もありますが、そうでないこともあります。その症状が起こったら、まず安静と冷やすことが大切です。痛みのある方を下に、横になると良いです。3〜4日で痛みがましになったら、少しづつ動かすようにします。5日を過ぎても痛みが引かない時は、内科系の疾患も考えられますので、受診が必要になります。

 

 

急な腰痛の原因
急な腰痛の原因がはっきりとしている場合よりも、特に何の理由も見当たらない場合には注意が必要です。特に重い物を持ったわけではなくても、洗顔などがきっかけで腰痛を生じることももちろんあります。しかし、尿管結石や子宮内膜症など他の病気が裏に潜んでいることもあるからです。

 

 

急な左と右の腰痛の原因は様々
急な腰痛といえば最も多いのは不意に重い荷物を持ち上げようとして発症するぎっくり腰です。ぎっくり腰なら安静にしていれば数日で楽になっていきますが、段々足の方まで痺れる、発熱があるなど腰痛以外の症状があれば見逃さないようにして受診します。急な腰痛には内臓が原因のこともあります。左は膵臓の病気が、右は腎臓の病気が隠れている場合があります。 腰痛は十分な休養をとり無理のない姿勢で過ごして防ぐ事が出来ます。

 

 

急な腰痛2の画像
急な腰の痛みを治す方法(応急処置)
急な腰の痛みを治す方法(自宅での治療法)ですが、まず、痛みを感じて動けなくなった場合は、応急処置を施しましょう。痛みが少し収まるのを待ってから、体をゆっくりと横にします。腰を回したり、腰の部分を動かさないようにし、腰に負担をかけないように、うつ伏せ・仰向けどちらでも楽な寝方でリラックスしてください。その後、痛む部分を氷を入れたビニール袋などで十分冷やして下さい。

 

 

前かがみによる過度な腰の負担が原因です
急な腰痛の原因は、多くが猫背などの前かがみになることで腰に過度の負担が掛かることが考えられます。このため 、日頃からストレッチなどを行い、猫背など前かがみにならないように気をつけることが大切になります。

 

 

急な腰痛の原因となる椎間板ヘルニア
原因には、椎間板ヘルニアがあります。椎間板ヘルニアは、腰の部分の背骨にある軟骨がつぶれて歪み、それによっ て神経が刺激されることで起こります。重い物を持ち上げた瞬間や、腰をひねって振り返った瞬間などに起こりやす いです。

 

 

原因は便秘の要因も
急な腰痛の原因では便秘が要因として上がるケースもあって、そこで痛みが走ったりする事で、便秘のお腹に貯まっ た状況が腰の痛みにつながってしまう事も考えられて、原因としてはこうした体調の変化も影響する事が考えられま す。

 

 

原因は下痢かもしれません
急な腰痛の原因は様々です。腰痛の中にはぎっくり腰などの筋肉や関節への急な負荷によるものもあれば、検査が必 要な内臓疾患の可能性があるケースがあります。また原因として下痢も考えられます。免疫力を高めることが必要で す。

 

 

癌が急な腰痛の原因である場合がある
癌が、原因である場合があります。 ですから、急に腰が痛くなったらすぐに病院に行ったほうが良いのです。 今では 早期にがんが発見されれば完治する時代です。 大事なことは、早期に発見してすぐに治療をすることなのです。

 

スポンサードリンク