骨盤が前傾する原因は主におなかの筋力の低下とおなかの脂肪です

スポンサードリンク

骨盤が前傾する原因は主におなかの筋力の低下とおなかの脂肪です

 

骨盤が前傾する原因とは
骨盤が前傾してしまう原因は主におなかの筋力の低下とおなかの脂肪です。 骨盤はおなかの筋力によってゴムのように引っ張られて支えられています。 その筋力が低下すると支える力が無くなり、骨盤に負担がかかり骨盤が前に傾いてしまう原因になってしまいます。また、同じようにおなかの脂肪も溜まっていくことで骨盤が前に傾いてしまう原因になります。

 

 

骨盤の前傾による諸問題
骨盤の前傾によって腰に負担がかかり腰痛となる場合があります。また前傾した部分に脂肪が付くと、重みで更に前傾が進みます。そのまま放置しておくと腰痛が悪化する可能性があるため、早急に対処する必要があります。

 

 

骨盤が前傾になると出っ尻になる画像
骨盤が前傾になると出っ尻
骨盤が歪んだり開いたりすると冷えや下半身のむくみ、便秘やボディラインの崩れなどが発症しやすくなります。 特に骨盤が前傾になると出っ尻、後傾になると猫背になったりと見た目も悪くなってしまいますので、骨盤矯正で健康で美しくなるにはストレッチで骨盤の歪みや開きを矯正することが美しい体を作ります。

 

 

骨盤前傾を矯正するためのトレーニング
骨盤が前傾していると姿勢が悪くなるので、スタイルが悪く見えたり、腰痛の原因となったりします。それを防ぐためには、以下のようなトレーニングが有効です。 まず、四つん這いになり、膝に体重を乗せます。その後、背中を丸め、おへそを見るようにします。腰背部が伸びたと感じたら、その状態を20秒キープし、その後ゆっくり元に戻します。

 

 

骨盤の前傾にかかわる筋について
骨盤を前傾にかかわる筋は、お腹の筋全般とお尻の筋、下半身の太ももです。特におなかの筋の中にある腸骨筋というものは骨盤を引っ張る支える力の筋です。お尻の筋は骨盤の周りを支えるものです。太ももは骨盤を下から支えています。

 

 

今、話題の骨盤を立てる方法とは
姿勢を正しくする事は、冷えやむくみなどの解消にもなり気になるおなかのポッコリにも効果があります。 姿勢が正しくないと腰痛などに悩まされる原因ともなるので、是非正しい姿勢をキープしたいものです。 そこで正しい姿勢作りの基本として、骨盤を立てる方法について説明します。 しかしこの骨盤を立てる事は正しく行う事で効果があるので、正しいやり方で繰り返す事で正しい姿勢をキープ出来ます。

 

 

骨盤を立てる効果
骨盤を立てると美しい姿勢になれるだけではなく、さまざまな効果が得られます。綺麗の基は骨盤にあると言われている程、骨盤は大切です。冷えやむくみが解消される他、ぽっこりお腹の解消、快眠、美肌になれるなど効果は絶大です。

 

 

骨盤を立てる座り方は姿勢の改善にも繋がる
一般的に骨盤を立てるとは骨盤をまっすぐに起こすといった意味合いで使用されています。骨盤を立てる事で正しい姿勢になることが可能です。 現在の日本人は座る状態が多く、座り方の改善が姿勢の改善にも繋がると言われています。

 

 

骨盤を立てるストレッチの画像
骨盤を立てるストレッチ
骨盤を鍛えるためにはやはり毎日のストレッチが大事であり、毎日の練習が必要なのである。骨盤を立てるということを意外と間違って覚えてる方が多いのが現状である。正しい立て方は横からみて曲がってないかをしっかり見極めることが必要になってきます。

 

 

骨盤を立てるクッション
デスクワークや同じ姿勢で長時間過ごすようなお仕事の場合、腰痛に悩む人が多くいます。 このような腰痛解消のための簡単なストレッチ方法があるので説明します。 椅子にクッションを置きクッションの上を前後左右に骨盤を立てるように20回ずつ滑らすように動かすと骨盤矯正が出来、腰痛が改善されます。

スポンサードリンク