骨盤体操は猫背解消や内臓系の不調にも効果があります

骨盤体操は猫背解消や内臓系の不調にも効果があります

 

簡単にできる骨盤体操のやり方
骨盤が歪むと肩こりや腰痛、神経痛、関節痛、下半身太り、便秘、むくみなどといった健康にも美容にも影響が出てきます。 そこで骨盤の歪みを矯正する簡単骨盤体操のやり方を説明します。 腰をフラフープを回してるようにゆっくりと回す運動、そしてお尻歩き運動、この2つの運動で骨盤の歪みが矯正できます。

 

 

骨盤体操の効果について
骨盤体操の効果は、体全体の色々な場所に現れます。骨盤が正しい位置になることで体の中心の軸の歪みが矯正されるため、猫背が解消されるだけでなく、内臓系の不調にも効果があります。女性の多くが悩んでいる便秘や生理痛、ダイエットにも高い効果が期待できます。

 

 

椅子を使う骨盤体操とは
椅子を使う骨盤体操とは、わずか数分で大腰筋が太くなり、骨盤の歪みを矯正することができる体操のことです。椅子に浅く腰をかけ、楽な姿勢で座ります。骨盤を前に起こしながら、背筋を伸ばしていきます。次は、骨盤を後ろに倒しながら、背中を丸めていきます。この運動で、骨盤の動きを良くすることにより、姿勢を整えることができます。

 

 

高齢者が骨盤体操を行う際の注意
今、巷で骨盤体操が何かと話題になっています。老若男女誰でもできると宣伝されている骨盤体操ですが、高齢者が行う際は、注意が必要です。骨盤体操は動きが緩やかで、体への負荷が少ないとされていますが、その緩やかな動きが、骨が固くなった高齢者に返って負担になってしまうこともあるのです。高齢者が骨盤体操を行う際は、体位によって、動きを調節することが大切です。

 

 

歪みの解消には寝ながら行う骨盤体操が最適
骨盤体操には色々な方法がありますが、とても楽な方法として寝ながら行うものがあります。仰向けになった状態で行うので高齢者でも簡単に行うことが出来ます。これを行うことによって付いてしまったからだの歪みを解消することが出来ます。

 

スポンサードリンク