腰の骨折の種類で多いのは圧迫骨折です

腰の骨折の種類で多いのは圧迫骨折です

 

腰の骨折の症状について
腰の骨折の症状についてご説明します。 腰を圧迫骨折した場合、激痛に加え、筋力の低下や知覚麻痺、便・尿の失禁などの症状が現れることがあります。また骨折した骨がずれたり曲がったりすることで骨の変形が生じることもあります。

 

 

腰の骨折の種類について
腰の骨折の種類についてご説明します。 腰の骨折で多いのは圧迫骨折です。骨粗鬆症の高齢者の方が特になりやすく、身体の重みだけで骨折する場合もあります。激痛のほか、痺れや麻痺、骨の変形などの症状が現れることがあります。

 

 

腰を骨折した場合の治療方法とは
骨折は骨折をした部位によって症状や治療方法が違います。腰椎圧迫骨折と呼ばれる腰の骨折の治療方法は、症状の状態にもよりますが基本的にコルセットやギブスなどで固定をし安静にすることで治療する保存療法になります。

 

腰を固定する新モデルザムストzw-7 5 4 3 ペルヴィロックとの違いは?

 

 

腰の骨折の手術方法について
腰の骨折の手術方法についてご説明します。 腰を圧迫骨折した場合、手術で治療をすることが出来ます。全身麻酔をし、骨折した骨の内部に骨セメントというアクリル樹脂を注入します。手術時間は短いですが、合併症などが発生する場合もあり、長期入院が必要になることもあります。

 

 

交通事故の腰の骨折について
交通事故の腰の骨折は、加害者があれば、相手側の慰謝料や保険で治療する事が出来ます。この場合は、健康を回復するまでの保障があり、改善に向かうまで保障を受ける事が出来ます。腰の骨折は、無理に動かない方が治りが早いです。

スポンサードリンク