サッカーのプレイで腰が痛い理由

サッカーのプレイで腰が痛い理由

サッカーのプレイで腰が痛い理由
サッカーは競技の性質上、下半身に大きな負担がかかります。特に長時間プレイすると腰の痛みが生じてしまうことがあります。サッカーで腰が痛い理由の多くはボールを蹴る動作が腰を捻る形になり、腰の骨が急激に引っ張られて亀裂が生じるためです。腰痛を避けるためにはサッカーのプレイ後に十分な休息を取り、ダメージを緩和させる習慣を持つのが最も効果的です。また、肥満を避けて体重を軽くするのも負担の軽減になります。

 

 

サッカー選手必見!あなたの右腰が痛い理由
サッカー選手に多い悩みに腰痛があります。なぜ腰痛になるかというとキック時に急激に腰が反り大きな負担がかかる為です。特にサッカーで右側の腰痛い理由は利き足が右の場合が多く、右太腿の筋肉、股関節の柔軟性が乏しいことが考えられます。また履いているスパイクが足にあっていないと身体に歪みが出てしまい、腰に負担がかかる結果となってしまいます。思いあたる人は一度整形外科を受診してみてはいかがでしょうか。

 

 

サッカーに関係する怪我の理由と予防策について
サッカーは球技の中でもボールを蹴る行為が腰に大きな負担をかけるため、場合によっては重大な怪我を被ることがあります。サッカーでの腰の怪我は多くの場合、骨に亀裂が入るのが理由です。ボールを蹴る動作は腰を急激に捻るため、骨が引っ張られてダメージが蓄積し、遂にひびが入ってしまいます。そのため、サッカーをプレイした後は腰を労わってダメージを緩和させる処置を施すことが怪我を予防するための心得です。

 

 

その腰痛は腰を強打したから?
サッカーでの腰を強打したことが、腰痛の原因になっていることがあります。打撲により筋肉を傷めていることも考えられますが、靭帯を損傷している場合もあります。最悪の場合は骨折の可能性もありますので、早目に専門家に診てもらうことをおすすめします。

 

 

腰を打撲したら、すぐに病院へ!
激しい接触プレーのあるスポーツが原因で打撲や骨折をすることがあります。サッカーでの腰の打撲はよくある事例ですが、足のほうに神経痛が走ったり、足を自分の意思で動かせない時は、脊髄が傷ついている場合がありますので、冷却の応急処置をした上で、すぐに病院で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク