股関節唇損傷とは股関節唇を巻き込むような動きを繰り返すことで起こります

股関節唇損傷とは股関節唇を巻き込むような動きを繰り返すことで起こります

 

股関節唇損傷の読み方
こかんせつしんそんしょう

 

 

股関節唇損傷とは病院の何科に行くべきか
股関節唇損傷とはスポーツ等で股関節唇を巻き込むような動きを繰り返すことによって軟骨がすり減り痛みが出る症状を言います。まず、股関節に痛みが出た病院の何科に行けば良いのか。それは整形外科です。それでも解決しない場合は総合病院の理学療法士のいる病院を選ぶと良いです。

 

 

股関節唇損傷の症状の解説
股関節唇損傷の症状の解説をします。症状は、足を曲げた時やしゃがみこんだりした時、階段の上り下りや寝返りをうつ際、股関節に激しい痛みが一瞬走ることがあります。また、症状が強いと立ったり、歩行するだけで痛みを生じます。

 

 

股関節唇損傷の原因の説明をします
股関節唇損傷の原因の説明をします。股関節にある繊維軟骨の股関節唇が傷つくことを股関節唇損傷といいます。原因は、例えば野球のスライディングで股関節が大きく広げられ股関節唇が切れが一部入ってしまいます。一日中立ち仕事をしている人たちなど股関節唇に負担がかかり、股関節唇が一部切れたり亀裂が大きくなっていきます。

 

 

股関節唇損傷の治療方法とは
股関節唇損傷の治療方法の解説をします。 運動による理学療法、非ステロイド性抗炎症薬の内服、ステロイド薬の股関節内の注射などの保存療法を行い、痛みが軽減しない場合には、股関節の中に股関節鏡を挿入して行う手術療法の選択肢があります。

 

 

股関節唇損傷の手術について
股関節唇損傷の手術方法の説明をします。この手術では、非常に小さな関節鏡というカメラを股関節の中に入れて行います。4ミリ程度皮膚をを開き、そこから関節鏡を挿入し、損傷を受けている部分を観察しながら処置を行う訳です。

 

スポンサードリンク