股関節が硬い5の原因

股関節が硬い5の原因

 

股関節が硬い5の原因
年齢を重ねる
下半身の血流が悪い
筋肉が硬い
おんぶをする機会が減少した事(新生児)
紙おむつが薄くなってきている事(新生児)

 

 

股関節の硬さによる腰痛について
股関節とは脚の付け根にある重要な関節です。この関節は加齢等の様々な理由から、どんどん硬くなってしまう場合があります。股関節が硬いと下半身に脂肪がつきやすくなる等の影響が出てきます。この状態が長く続くと、膝痛や腰痛といった症状が出てくる事もあります。

 

 

股関節が硬いと気がついたらストレッチや柔軟体操が有効です
年齢とともに股関節が硬い方が増えてきています。これが重症になってくると歩行も困難になるようなことがあります。 そこで、硬いということに気がついた時点で、ストレッチや柔軟体操を行います。そうすることでそれ以上の進行を抑えることができるのです。

 

 

赤ちゃんの股関節が硬い?について
最近の新生児や赤ちゃんは、股関節が硬い傾向にあります。これは、おんぶをする機会が減少した事や、紙おむつが薄くなってきている事等に原因があります。股を大きく左右に広げた時に両膝が床につかないと、一般的に股関節が硬いという事になります。

 

 

股関節が硬くなる原因について
股関節とは、脚の付け根にある関節です。股関節が硬い原因や理由の代表的なものとしては、筋肉が原因となっている場合や、下半身の血流が悪い事等が挙げられます。基本的には年齢を重ねるごとに硬くなる傾向にあります。

 

 

股関節が硬いと下半身太りの原因になる
股関節は体と下肢を繋いでいる部分なので、股関節が硬いと血行が悪くなり下半身太りの原因にもなります。 ですので、股関節をストレッチなどで柔らかく保つようにすれば、血行やリンパの流れがよくなり、下半身が太るのを改善するのに役立ちます。

 

スポンサードリンク