股関節手術後の5つの注意点とは曲げない、ねじらないなどです

スポンサードリンク

股関節手術後の5つの注意点とは曲げない、ねじらないなどです

 

股関節手術後の5つの注意点とは
人工股関節は、本来ある関節と比べると噛み合わせが浅いため、脱臼しやすくなっています。手術後3ヶ月は、とくに注意が必要です。 股関節手術後の注意点は、110度以上まげない、内側にねじらない、膝を曲げての前屈や体育座りはいけません。横座りや足を組むこと、和式トイレも避けましょう。

 

 

股関節手術後の痛みについて
股関節手術後の痛みには、個人差があり他人にはわかりづらく手術したための炎症がおこることもあります。また、皮膚が人工関節や骨に近いこともあり股間接の腫れや痛み、熱感が長く続き半年間ぐらい痛みは続くことがあります。

 

 

人工関節置換術をする人の画像
股関節の人工関節置換手術後に熱が出た時の治療方法
股関節の人工関節置換手術の術後には、感染症や深部静脈血栓症に注意が必要です。股関節手術後、熱がでるような時には、抗菌薬で治療を行います。ズキズキとした痛みが生じる場合も同様です。また、金属アレルギーの患者さんは、アレルギーを起こしにくい素材の人工関節を使用します。

 

 

人工股関節手術の受けた後のリハビリについて
人工股関節手術後のリハビリは、手術を受けた人の年齢や体力などにより異なりますが、手術後3日後頃にまで開始され、1ヶ月程度行われることが多いようです。階段の昇り降りが出来る様になることが退院の目安と考えられています。

 

 

股関節手術後の認定介護
股関節手術後の認定介護は色々あります。 身体障害者の認定をもらうことで医療費の一部を負担してもらえることもでき、自立支援医療もあるのです。 しばらくは杖をついたりが必要になるので、そういった場合に付き添える人やバリアフリーの環境も大切になってきます。

 

 

人工股関節施術に必要となる費用の一例
人工股関節手術に必要となる費用は比較的高額となる場合が多く、費用の一例として人工股関節置換術をおこなう場合でインプラントを使用する場合では約100万円、手術料が約20万円、入院費も総額で約200万円ほど必要となります。

 

 

人工股関節手術の入院期間
人工股関節手術の入院期間の一例をあげると、およそ2週間から3週間程度です。その期間で、手術、リハビリテーション、その他のケアをしっかりと行い、再び自力で歩行ができるようにすることを目指していくのです。

 

 

両足人工股関節の画像
両足人工股関節手術の方法
両足人工股関節手術には、まず片足ずつを手術をする方法があります。 次に両足を同時に手術をする方法があります。 この両方の手術の仕方の違いは、患者の意思を尊重して行われます。 それは手術を2回も経験したくない場合になり、一度で済むことができるのが両足人工股関節手術になります。 両足人工股関節手術をする時には、全身麻酔をするので痛みは感じません。 そして手術後にリハビリを行って退院することになります。

 

説明を受ける権利があります
100%安全な手術というものは存在しません。日常的に行われる機会の多い手術であっても、場合によっては失敗という結果になる可能性もあります。人工股関節手術でも例外ではありません。何らかの原因で手術が失敗に終わった場合には、その原因や対応を担当医に問い合わせるようにしましょう。

 

 

人工股関節手術後のリハビリの大切さ
人工の股関節を体に入れると、始めは手術の痛みや違和感や不安感があります。患者の年齢や回復力によって異なりますが、人工股関節手術後およそ1週間以内には、医師の指導下でリハビリの専門家とともにリハビリを開始します。リハビリ方法は、体に負担を掛けないように徐々に体を動かし、人工の関節にならしていきます。1ヶ月程リハビリを続けて、関節を支える筋肉を鍛えることで、日常の動作ができるようにします。

スポンサードリンク