左の股関節が痛い4の原因

左の股関節が痛い4の原因

 

左の股関節が痛い4の原因
左足が外反母趾で、大腿骨の位置がずれて痛みにつながる
左側の骨盤が右側と比べて高くなっている
サッカーは股関節周囲の筋肉を酷使するスポーツ
ゴルフでボールを撃つ時、変な癖をつけたり、力を入れすぎたりすると痛みを伴もなう

 

 

左の股関節が痛い原因
身体の左右はそれぞれ役割が異なり、左半身は歩くときに起きる「ねじれ」の吸収を行っています。左足が外反母趾の場合、「ねじれ」が十分に吸収できず大腿骨の位置がずれてしまうことによって炎症が起き、痛みにつながると考えられています。これが左の股関節が痛い原因です。

 

 

腰痛や左の股関節が痛い人は外反母趾の初期症状が出ている
外反母趾の初期症状はいくつかありますが、分かりやすい症状は以下の2つです。 1つ目は左の股関節が痛いと感じます。 理由は左側の骨盤が右側と比べて高くなっているからです。 2つ目ははっきりとした腰痛を感じます。 理由は1つ目で左側の骨盤が高くなった事により、骨盤が不安定になり歪んでしまったからです。

 

 

左の股関節に痛みを生じるスポーツ
スポーツを行うことで体に痛みを生じることがあります。 そんな痛みが出る中でも左の股関節が痛いスポーツがあります。 そのスポーツとはサッカーです。 サッカーは股関節周囲の筋肉を酷使するスポーツですので多くのサッカー選手が痛みに悩まされています。

 

 

左の股関節が痛い、サッカーで痛める理由
左の股関節が痛いとなった時、サッカーで痛める理由があります。何度も練習でボールを蹴ったり、炎天下の中で練習したりすると、股関節にも疲労が溜まり痛めてしまいます。また、サッカーは、足をよく使うスポーツなので痛みが蓄積されやすいのです。

 

 

ゴルフで左の股関節が痛い理由は
ゴルフをする人の中で左の股関節が痛いという人がいます。ゴルフで痛める理由というのは、ゴルフは股関節の回転をしながらボールを撃ちます。ですので、回転の時に変な癖をつけたり、力を入れすぎたりすると痛みを伴もなうことがあります。

 

スポンサードリンク