赤ちゃんの股関節脱臼は徐々に症状が悪化して脱臼に至る場合が多いのが現実です

赤ちゃんの股関節脱臼は徐々に症状が悪化して脱臼に至る場合が多いのが現実です

 

赤ちゃんの股関節脱臼の症状とは
赤ちゃんの股関節脱臼の症状は、股関節の開きに左右で差がある、太ももやおしりの皮膚のしわの数が左右で異なる、足の長さや膝の高さの違い、股関節でのポキポキする音やクリッとする音が出るなどの引っ掛かり感があげられます。

 

 

赤ちゃんの股関節脱臼の原因は複数あります
赤ちゃんの股関節脱臼の原因としてホルモンの関係や、遺伝子の関与、胎児の不良肢位などの子宮内の環境や窮屈なおしめなどの出生後の因子などが考えられます。原因が一つではなくて、いろいろな要素な複合して発症します。

 

 

赤ちゃんの股関節脱臼のチェックについて
赤ちゃんの股関節脱臼は時間の経過と共に治療が難しくなるので、異常を感じたら早期に赤ちゃんの股関節脱臼のチェックを行っておく必要があります。チェックの仕方は、赤ちゃんを寝かせて膝を立てたまま脚を外側に開きます。この時に膝と床の間が大きいと股関節脱臼の疑いがあります。

 

 

赤ちゃんの股関節脱臼はいつまで心配すればいいのでしょうか
新生児・赤ちゃんの健康を守るのは母親の役目です。赤ちゃんの股関節脱臼のいつまでかというと、股関節の靭帯の未発達な生後半年までが多く乳児検診の際に発見されることがあります。お母さんが日頃の観察・チェックを心がけ、早期発見早期治療につなげることが大事になります。

 

 

赤ちゃんの股関節脱臼の治療方法について
赤ちゃんは様々な原因によって先天的に股関節を脱臼していることがあります。先天的と言っても完全に脱臼しているのではなく、徐々に症状が悪化して脱臼に至る場合が多いのが現実です。赤ちゃんの股関節脱臼の治療方法はまずリーメンビューゲルと呼ばれる器具を使用します。早期に治療を始めた場合は大部分がこれで治りますが、治らない場合は手術をすることもあります。

 

スポンサードリンク