腰の牽引する力は体重の約3分の1程度の力で引っ張ります

腰の牽引する力は体重の約3分の1程度の力で引っ張ります

 

腰の牽引方法について
腰の牽引方法についての説明をします。腰の牽引する際は、専用の器具に座る、または横になるなりして固定します。その人の体重の約3分の1程度の力によって引っ張っていきます。足に向かって負荷をかけ、約10分〜15分位断続的に行います。

 

 

腰の牽引効果
腰の牽引効果は慢性的な症状やヘルニアに効果があります。これは神経の圧迫を緩和させることで痛みが改善するというものですが、牽引を行ない過ぎると逆効果を及ぼすことがあるため、医師など医療従事者の指導の下で行うことが大切です。

 

 

腰の牽引器具とは何?自宅でも使用可能か
器具などを使って、腰を引っ張る物理療法を「牽引」といいます使用される。腰の牽引器具には、自宅で使用可能なものから、整骨院専用のものまであります。ベット上の器具に横たわりながら、自ら引っ張る形状のものは、家庭で簡単にできる腰の牽引器具として人気があります。

 

 

腰の牽引を自宅でする方法
腰の牽引を自宅でする方法をご紹介します。 一人では出来ない為、家族の方に頼んで手伝ってもらいましょう。 まず、うつ伏せに寝ます。家族の方には自分の後ろに来てもらいます。 膝をぎゅっと後ろに折り曲げたら、家族の方に自分の左足と右足の指をもってもらい、重ねてもらいます。 片方が終わったら、今度は反対の指が上にくるように指を持ってもらい、重ねてもらいます。 足をお尻に、ゆっくりくっつけるように近づけてもらいます。

 

 

腰の牽引により悪化する
腰痛の治療法の一つに腰の牽引が行われていますが、その効果については個人差があります。腰の牽引により椎間板が延ばされて痛みの神経を伸ばすことにより痛みが軽減するのです。 しかしながら、腰の牽引により良くなることもありますが、悪化するケースもあるので注意しなければなりません。最悪のケースでは歩けなくなります。

スポンサードリンク