軽いぎっくり腰は時間を掛けてゆっくりと痛みが悪化します

軽いぎっくり腰は時間を掛けてゆっくりと痛みが悪化します

軽いぎっくり腰で仕事する
軽いぎっくり腰でも甘くみてはいけません。軽いぎっくり腰といえども、対処方法を間違えると悪化させることになります。本当であれば仕事を休んで安静にしていたほうが良いのですが、なかなかそうもいかないことが多いです。ぎっくり腰が治るまでは、腰に負担をかけない生活が望ましいです。


 

軽いぎっくり腰の寝方
ぎっくり腰になるのに年齢は関係ないです。 症状は軽いのと重いのが2つあり、違いは以下の通りです。 軽いぎっくり腰は痛みは感じますが、まだ自力で動く事ができます。 重いぎっくり腰は痛みが酷くて、自力で動く事ができないです。 寝方は腰を上に向けて寝る状態の、仰向けが一番良いです。 理由は、腰に負担をかける事がないからです。


 

軽いぎっくり腰の症状について
ぎっくり腰は程度の酷いものでは歩行困難になるほどの痛みがありますが、逆に軽いぎっくり腰の症状の場合には何事も無いかのような状態である事が多いものです。 ただ、時間を掛けてゆっくりと痛みが悪化するケースがあるので油断は出来ません。加えてこの手のぎっくり腰は再発し易いので、事後の腰回りの強化も重要になって来ます。


 

軽いぎっくり腰の原因
軽いぎっくり腰の原因のほとんどは腰の周りの筋肉が固くなっていることです。したがって腰まわりの筋肉をマッサージをすると共に、普段の生活で同じ姿勢で居続けないなどの工夫をすれば大抵は防げるし、ひどいことにはならないものです。


 

軽いぎっくり腰の治し方を説明します
軽いぎっくり腰の治し方ですが、症状が軽いと自己判断し悪化させる方がとても多いようです。やはり腰に負担を掛けないように安静にしている事が一番のようです。その際には湿布などを貼っておくのも効果的のようです。


スポンサードリンク