腰をひねるとボキボキ鳴る音の仕組み

スポンサードリンク

腰をひねるとボキボキ鳴る音の仕組み

ページ内更新情報
腰をひねるウォーキングについて

以降を更新しました。 

腰をひねる病名とは?何科に行けばいいのかお教えします
腰をひねり痛がるOLのの画像
普段日常生活でよく使う腰をひねる。この腰をひねる病名とはと聞かれると普通は腰痛です。しかし腰痛と言っても医学的には腰椎ヘルニアの悪化や腰椎分離症、腰椎すべり症など様々な疾患があります。では病院の何科に行けばいいのかというと整形外科に行くのがよいです。

 

 

腰の痛みと日本人との関係
腰をひねる痛みに悩まされるという人も多くいます。日本人には、腰周辺が痛いと訴える人が多く、その痛みに対応する医師や医療機関も多いとされています。腰の痛みだから大丈夫だと甘く考えた場合、どんどん深刻な状態に陥る可能性がありますので注意が必要といえます。

 

 

腰をひねるストレッチで快適に
一日の始まりや終わりにストレッチをすることは健康にも、心のリラックスにもいいです。 パソコンに向かいっぱなしの現在人にとって腰をひねるストレッチは、日ごろ凝り固まった筋肉をほぐすことに有効です。 他にも脚や太もものストレッチをすると気持ちがすっきりします。

 

 

腰をひねるとボキボキ鳴る音
腰をひねるとボキボキ鳴る音の正体。 それは、腰をひねると関節の間に隙間ができ、その隙間にたまった気泡なのです。 音が鳴るのは腰をひねった圧力で気泡が弾けるからです。 音が鳴るとスッキリするからと続けていると、気泡が弾ける衝撃で骨の表面が削れ「変形性関節症」になる可能性があるので注意しましょう。

 

 

急に腰をひねる対処法

日常生活の中で重量のある物などを持ち上げた際や、急に腰をひねるなどの動きをした際に急性腰痛症が発症する事が多いです。急性腰痛症の対処法としては、無理に体を動かさずに少しでも楽な姿勢を過ごすことが重要となります。



腰をひねるウォーキングについて
腰をひねるウォーキングをすると,お腹まわりや腰回りが鍛えられます。 更に自然に歩幅が広くなり, 効果が大きくなります。 もし腰がぎこちなく動くときはまだ慣れていないということなので,できるだ け 自然に動かすことを意識しましょう。

 

 

腰をひねる運動にはご注意を
腰や背中にこりを感じたときや、長時間デスクワークした後に腰をひねる運動をしていませんか。その 時は気持ちいいように感じるこの運動ですが、実は腰痛を招く恐れがあります。軽く左右にストレッチ する程度なら問題ありませんが、ボキボキと音がなるほど腰をひねるのは控えましょう。

 

 

筋トレで腰をひねる時はゆっくりと
背中や腰周りの筋トレにおいて、うつ伏せの状態で上体を反らす動作を繰り返すことで背筋を鍛えるこ とができます。 この時、腰周りの筋肉がつってしまうことがあります。これを回復するために腰をひね る動作は効果がありますが、勢いをつけて行なってはいけません。これは腰椎をひねることなので、ゆ っくり行ない、これ以上はひねることができない状態で、1回だけ強くひねるのが最も効果的です。

 

 

腰を捻る運動が激しいゴルフ
腰を捻る運動は動きが激しいダンスやゴルフや野球でバットを振る等がありますが、行っている人の中 には腰を捻った時に痛みを感じる人がいます。 痛みを感じる原因は、股関節の動きが悪くなっている可 能性が高いです。 股関節の動きが悪くなると腰に負担をかけるので、腰を捻った時に痛みを感じます。

 

 

腰をひねると肺から音がするのは病気ではありません
腰をひねる、上半身をツイストさせたりすると、胸の奥でヒューヒューという音がして、これは?と思 う時があるのですが、これは体をひねることによって肺が圧迫されることで気管から空気が漏れる音な ので自然な現象で通常は心配する必要はないのです。

スポンサードリンク