椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の中の原因の一種です

椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の中の原因の一種です

 

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違い
腰の痛みの代表である椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違いですが、腰の辺りから足のつま先まで伸びている、坐骨神経が痛むことを全般を坐骨神経痛といいます。また、椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の中の原因の一種です。つまり「椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛になる」という使い方が正しいと言えます。

 

 

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療を行なう方法は、腰や膝に鎮痛剤を塗って治療する方法が重要です。また、膝関節や肘の神経痛の治療には、インドメタシンやサリチルメチルの鎮痛剤を塗布して治療する効果があります。

 

 

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の激痛が走ったときには
腰やおしり、足にしびれや激痛が走ったときに坐骨神経痛と一般的に言われていますが、坐骨神経痛という病名は存在しません。坐骨神経が圧迫されているのは確かですが、椎間板ヘルニアなどの腰痛症が原因であることが多いです。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療法は様々なので、医師によく相談して自分にあった方法を見つけて根気よく治療していくのが一番です。

 

 

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療方法のブロック注射
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の治療方法の1つに、腰まわりにブロック注射を打つという方法があります。 ブロック注射は、今すぐ痛みを何とかしてほしいと言うほどの痛みを感じている人や、いくつか治療方法を試したが全く効果がなかった人が打つ注射です。 その他にも手術を受けたくない人焼けられない人や、手術をした後に痛みが残っている人にもブロック注射を使います。

 

 

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の起因する関係について
坐骨神経痛は神経が圧迫されることによって腰や足などにしびれをもたらすものです。椎間板ヘルニアは椎間板が正常な位置から飛び出してしまうものです。つまり椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の関係は、椎間板ヘルニアが原因で、坐骨神経痛がそれに起因する病気と言えます。

 

スポンサードリンク