腰の椎間板ヘルニアの症状が腰に現れるとは限りません(9の症状)

スポンサードリンク

腰の椎間板ヘルニアの症状が腰に現れるとは限りません(9の症状)

 

腰の椎間板ヘルニアの症状と治療
腰の椎間板ヘルニアの症状の特徴としては、急に起こる腰痛が挙げられます。一般にぎっくり腰と言われており、重いものを運んだり屈んだ時に起こりやすいようです。しかしヘルニアの症状が進行すると激痛となります。様々な治療法がありますが、悪化した場合は最悪手術治療が必要となる場合があります。

 

 

腰の椎間板ヘルニアの9の症状
腰の痛み
痺れ
感覚異常
けいれん
太腿の痛み
ふくらはぎの痛み
背中の痛み
腹痛
坐骨神経痛

 

腰の椎間板ヘルニアの症状の画像

 

腰の椎間板ヘルニアの診断方法
腰の椎間板ヘルニアの症状が腰に現れるとは限りません。腰の椎間板ヘルニアの症状として挙げられるのは、痛みや痺れ、感覚異常やけいれんなどがあります。腰の部分に原因があっても、痛みなどが現れるのは、腰ではなく太腿やふくらはぎであったりします。診断方法には、痛みの部位や体の動きの診察とMRIやレントゲンなどの画像を用います。

 

 

椎間板ヘルニアの症状に効くブロック注射
腰の椎間板ヘルニアの症状が出た際は、ブロック注射が選択肢の一つになります。ブロック注射は腰の神経に直接打つ注射ですが、打つ部位は痛みの部位や強さによって変わります。一回の治療で痛みが大幅に緩和されるケースがほとんどです。

 

 

椎間板ヘルニアの背中の痛みの症状
腰の椎間板ヘルニアの症状として有名なのは、重い荷物を持ち上げたり、身体をひねったりした時に、立っていられないほどの激しい痛みが発生するというものです。また、腰以外にも背中に同様の痛みが発生することもあります。

 

 

腰の椎間板ヘルニアの症状に腹痛
腰の椎間板ヘルニアの症状のひとつに、腹痛があります。痛みがひどくなりすぎて、範囲が広くなり、腰痛、坐骨神経痛からわき腹痛まで起こすことがあります。生理痛が重い女性の場合には、神経痛が腰部と腹部に同時に起きるケースもあります。

 

 

椎間板ヘルニアの手術方法の一つ、love法とは?

 

 

椎間板ヘルニアの手術方法の一つ、love法
椎間板ヘルニアの手術方法の一つとして、love法という手術方法があります。この手術は腰の部の皮膚を縦に切ってヘルニアを切除する方法で、椎間板ヘルニアを治療する伝統的な手術方法です。手術後は2週間ほどで退院することができます。

 

 

椎間板ヘルニアの手術はリスクもあります
腰の痛みがひどくて病院に行くと、椎間板ヘルニアと診断される場合があります。あまり症状がひどくなると、手術が必要にならます。腰には、下半身を動かす大切な神経がたくさんあります。そのため椎間板ヘルニアの手術は、場合によっては下半身不随になるなどのリスクもともないます。

 

椎間板ヘルニアの手術の画像

 

椎間板ヘルニアの手術の後遺症について
椎間板ヘルニアは腰や足などに痛みや痺れを引き起こし、日常生活にも大きな支障をきたすため手術を行う人は珍しくありません。しかし、中には椎間板ヘルニアの手術を受けた後、麻痺が残るような後遺症を訴える人もいます。

 

 

椎間板ヘルニアの手術後の痛みについて
腰に痛みが出る椎間板ヘルニアを治療するために出術を受けた後に痛みが残る場合があります。椎間板ヘルニアの手術後の痛みを感じる場合は、すぐに医師に相談してこれからの治療方法について相談することが大切なことです。

 

 

腰部の椎間板ヘルニアの手術の費用
今回、腰部の椎間板ヘルニアの手術の費用がどの程度掛かるのか、費用の一例をあげて紹介します。 検査を含むめ手術と入院で約30万円程度かかるそうです。入院期間は抜糸が必要な場合は2週間程度、抜糸が必要な場合は3週間程度となっています。 3週間だと費用はプラス5〜6万円と考えると良いでしょう。

スポンサードリンク