ぎっくり腰は保存療法で治療し患部はコルセットで固定します

ぎっくり腰は保存療法で治療し患部はコルセットで固定します

ぎっくり腰とは病院の何科にかかるべきか
ぎっくり腰とは病院の何科にかかるべきか、ご説明します。 ぎっくり腰は、基本的には、この科にかからなければならないという決まりはありません。あえて言えば、腰の病気であるため、整形外科や外科という選択肢になります。


 

ぎっくり腰について、症状の説明
ぎっくり腰について、症状の説明をします。 ぎっくり腰の症状は、一言で言えば、突然の腰の強い痛みです。症状は個人差がありますが、症状が重い場合には、歩行が困難なことや寝返りが困難になることもあります。


 

ぎっくり腰の原因の説明
ぎっくり腰の原因の説明をします。 ぎっくり腰の原因は、非常に多様です。内蔵の病気や脊椎の病気であることが原因として隠されていることがあります。また、筋肉の疲労や、急に腰に負担をかけたことが原因のこともあります。


 

ぎっくり腰になった期間にする運動
ぎっくり腰になった期間にする運動ですが、なるべく自分のペースに合わせてゆっくりと行う方が好ましいようです。必ずしも、運動を始める時期が、早ければ早く治るという事ではありません。ですので、ぎっくり腰の時は安静にしながら、ゆっくりと運動をするのが基本となります。


 

ギックリ腰の治療方法
ぎっくり腰の治療方法の解説をします。まず、手術はしません。保存療法で治療します。消炎剤、筋弛緩剤などを処方し、患部はコルセットで固定します。痛みがひどい場合は局所麻酔を利用したブロック注射も行います。


スポンサードリンク