太股の痛みの7の原因

太股の痛みの7の原因

 

7の原因
股関節内転筋炎症
閉鎖神経痛
坐骨神経痛
太股外側皮神経痛
ヘルニア
大腿神経痛
大腿四頭筋炎

 

 

太股の痛みの原因に神経痛
太股が痛い原因を説明します。太股の内側と外側の痛みによって原因の症状が違います。太股の内側の痛みであれば、股関節内転筋炎症や閉鎖神経痛などが考えられます。太股の外側であれば、坐骨神経痛や太股外側皮神経痛などが挙げられます。

 

 

太股の激痛の原因
太股の激痛の原因を解説します。デスクワークや長時間のパソコンなどで座ったままですと腰に負担がかかります。それがひどくなると坐骨神経痛になります。この坐骨神経痛やヘルニアの場合には太股の外側の神経にも痛みがでます。

 

 

太股の前が痛い!これって何が原因!?
太股の前に痛みを感じた事がある方も多いのではないでしょうか。この原因を解説します。太股の前側の痛みは筋肉痛の他に「坐骨神経痛」「大腿神経痛」「大腿四頭筋炎」などが考えられます。前者2つの症状は神経が刺激される事でしびれを感じます。一方、後者は激しい運動後に筋肉が炎症を起こす事で痛みが発症します。太股の前の痛みを感じた場合、まずは症状を見極める事が大切です。

 

 

太股の前を伸ばすと痛い方
太股の痛みは辛いです。サマースポーツを楽しんで、痛みを伴っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで痛みの原因を説明します。痛みの原因は、運動の前に足首やふくらはぎなどは良くストレッチを行うと思うのですが、太股は忘れがちです。準備運動に太股もよく伸ばして下さい。太股の前を伸ばすと痛い方は、お風呂で良く温めて、寝る前に湿布をすると和らぎます。

 

 

太股の痛みは筋肉痛と考えられます
太股の筋の痛みの原因を解説します。明確に痛い場所がわかる場合には、筋肉痛と考えられます。それは、運動などによって筋肉に負荷が加わったために、一時的に疲労物質がたまったり、炎症が起きている状態です。

スポンサードリンク