腰に負担をかけない8の事

腰に負担をかけない8の事

腰に負担をかけない8の事
背もたれのある椅子に深く腰を掛け座る事
座る際は背骨を真っ直ぐたてるように座る
腰痛持ちの人のための椅子に座る
正座よりも椅子に座る
普段から腹筋背筋をバランスよく鍛える
お尻の下に座布団などをはさむ
重いものを持ち上げる場合には腰を落としてできるだけ身体に近づけて持ち上げる
腰を痛めないように腹筋を鍛える

 

 

腰に負担をかけない座り方
腰に負担をかけない座り方は、背もたれのある椅子に深く腰を掛け座る事です。起床時は常に上半身を支えている腰は、腰骨と筋肉のみで補っています。そのため背もたれに寄りかかり深く座る事で、負担を軽減させる事が大切です。

 

 

腰に負担をかけない姿勢について
猫背など姿勢が悪いことにより、腰に負担がかかります。 しかし、姿勢が悪くなってしまうということは日頃から背中や腰の疲労が残っているためにより、腰を支えることができなくなっているからです。 普段から腹筋背筋をバランスよく鍛え、座る際は背骨を真っ直ぐたてるように座ると美しいです。胡座を組む際はお尻の下に座布団などをはさむと腰に負担をかけません。

 

 

椅子で腰に負担を減らす対策
日本では2800万人、約4人に1人が腰痛に悩まされていると言われています。 腰痛持ちの人にとって、正座よりも椅子に座る方が腰に負担がかからなく痛みも軽減するため人気があります。 最近では腰痛持ちの人のための椅子も販売されています。

 

 

腰への負担を軽減する方法
腰に負担をかけず、それを軽減する方法にはいくつかの方法があります。座る際には背筋を伸ばして座ることや、重いものを持ち上げる場合には腰を落としてできるだけ身体に近づけて持ち上げるなどをおこなうことで、腰への負担を軽減できます。

 

 

腰を痛めない腹筋の鍛え方
腰痛は日常生活の何気ない動作で引き起こります。そのため腰痛を無くすには毎日の筋トレが重要です。腰に負担をかけずに筋トレするには、腰を痛めない腹筋の鍛え方を身に付けます。息を深く吸い込み吐く、これらを繰り返し強固な腹筋を取得します。

スポンサードリンク