腰の打撲の応急処置法はアイシングです

腰の打撲の応急処置法はアイシングです

腰の打撲を診てもらう
腰の打撲をした際に病院の何科に行けばいいのか分からない人もいるかもしれませんが、整形外科で診てもらうのがいいです。打撲は骨の異常も疑われるのでレントゲンを撮ってもらい早期に検査をしてもらうのがよいでしょう。

 

 

痛みや激痛が走る腰の打撲の症状について
腰の打撲の症状は人により様々ですが、外傷で損傷や炎症を起こしたり、血行が悪くなり腰痛になったり、腰に痛みや激痛が走ったりもします。そのまま放置しておくと腰痛が慢性化したりするケースもあるので打撲だけだからと言ってケアを怠ってはいけません。

 

 

腫れを引き起こす腰の打撲の原因と応急処置法
激しいスポーツをおこなうと、腰の打撲の原因となります。 腫れている場合は、患部を暖めるのではなく冷やすアイシングです。 温湿布などで暖めると内出血が広がることもあるので、アイシングで腫れている患部を冷やしましょう。

 

 

腰の打撲マッサージ
腰の打撲の治療法について悩んでいる方にお勧めします。 腰の打撲もマッサージによって緩和することがあります。 あまり強い力を加えずに出来るマッサージをすることで血流が良くなり、打撲の治癒を早めることが出来ます。 もし長引く腰の痛みにお困りの方はマッサージを受けてみましょう。

 

 

全治1、2週間で腰の打撲を治す
腰の打撲をしてしまった時は、まずは無理な姿勢を避け、医師の診断を受けでください。一例として全治するには、整形外科の診断を出来るだけ早めに仰ぎ、温あんぽうを受けるのか、冷あんぽうを受けるのかは、医師の診断に任せるべきです。軽い打撲なら1〜2週間で完治します。

スポンサードリンク