尾てい骨の上、少し上、内側、奥、下などが痛い16の原因

スポンサードリンク

尾てい骨の上、少し上、内側、奥、下などが痛い16の原因

ページ内更新情報 

尾てい骨近くの痛みがある時の対処法
以降を更新しました。 

 

16の原因
姿勢の悪さ、猫背
関節のずれ
何かにぶつけた
転んだ
骨折
尾てい骨のヒビ
筋膜に問題
軽度の頸椎椎間板ヘルニア
直腸部分の痙攣
ストレス
子宮内膜症(女性の場合)
出産後、骨盤が広がっている
月経困難症
座骨神経痛
筋肉のアンバランス

腫瘍

 

 

尾てい骨痛予防のストレッチの画像
尾てい骨の上が痛む原因
尾てい骨の上が痛いという症状が出ることがあります。主な原因は、姿勢の悪さや関節のずれなので、ストレッチなどを行って関節のずれを治すことがこの痛みの改善につながります。また、常に姿勢を良くするように気をつけることも大切です。

 

 

尾てい骨の少し上が痛い原因について
この骨の少し上が痛いなど、尾てい骨周辺が痛む原因としては、何かにぶつけたり転んだりした場合は、それが原因となるので、外科で骨折等していないか診てもらいます。 何もしていないのに痛い場合は、骨折やヒビの他、筋膜に問題がおこっていたり、軽度の椎間板ヘルニアの可能性もあります。

 

尾てい骨にひびが入った時の日常生活の仕方

 

 

尾てい骨の内側が痛い場合の原因について
この骨の内側が痛い場合には、直腸部分の痙攣が一つの原因として考えられます。このような症状は、ストレスなどが引き金となって起こることがあるのです。また、女性の場合には、子宮内膜症などの病気が潜んでいることもあります。

 

 

尾てい骨の奥が痛いと感じる原因
この骨の奥が痛いという場合、原因の一つとして、普段からの姿勢を、少し意識してみる必要があります。 自分でも知らないうちに、猫背になっていたり、左右のどちらかに傾いていることがあり、その歪みのしわ寄せが、の痛みとなって現れることがあるのです。

 

 

尾てい骨の下が痛い場合について
この骨の下が痛いといった症状が現れたら、座骨神経痛を原因の一つとして疑ってみる必要があります。この病気の場合には、足の背面にも独特のつっぱった感覚が走るのが特徴です。整形外科などを受診することで、正確な診断が出来ます。

 

 

尾てい骨近くの痛みがある時の対処法
お尻を何かにぶつけて尾てい骨近くの痛みがある時は、まずは整形外科に行って骨折の有無を確認してもらうことが大切です。この骨は他の部位よりも症状が出にくいので気付かないことがありますが、骨折やヒビが入っていることがあります。その場合の治療は保存療法がメインになります。

 

 

尾てい骨周辺の痛みの原因は何
この骨周辺の痛みを感じるのは、女性が多いようです。特に出産後の女性は骨盤が広がりやすくなっていることが原因で痛みを感じやすいと言われています。他にも女性特有の婦人科系のがんや腰痛、椎間板ヘルニアなどの病気が隠れている場合があります。痛みが続くようなら医師の診療を受けましょう。

 

尾てい骨痛の画像
尾てい骨と筋の痛み
腰痛と間違われやすいのが、お尻や脚の付近に筋の痛みが出る尾てい骨痛です。原因は筋肉のアンバランスや悪い姿勢、出産に伴う痛みや腫瘍等が考えられます。歪みや体の変化により、筋肉が緊張するために起こります。

 

 

尾てい骨や下腹部の痛みについて
女性で月経前後に頭痛、イライラ、不眠、全身の倦怠感、下腹部痛などがある場合には月経困難症の可能性があります。 また、下腹部痛以外にも腰からこの骨の辺りに痛みがある場合もあります。 日常生活に支障がなければ問題ありませんが症状がひどい場合には専門医を受診する事をお勧めします。

 

 

尾てい骨の片方が痛い場合
何かにぶつけたり激しい運動などをした訳ではないのに、この骨の片方が痛いという症状について説明します。 多くの場合は体のどちらか一方に体重が偏った状態で座り続けたりした場合、筋肉に過剰な負担が掛かり過ぎることがあります。 長く痛みが続く場合や痛みがひどくなってきた場合には、すぐに専門の医療機関での検査が必要です。

 

スポンサードリンク