尾てい骨痛になる9のスポーツ

スポンサードリンク

尾てい骨痛になる9のスポーツ

 

ページ内更新情報

尾てい骨の痛みとサッカーについて
以降を更新しました。 

 

尾てい骨痛になる9のスポーツ
スノーボード
ロードバイク
エアロバイク
自転車
野球
サッカー
バスケットボール
テニス
マラソン、ランニング

 

スノボで尾てい骨打撲の画像
スノボで尾てい骨打撲
スノボでしりもちをついて強打したり、繰り返して尾てい骨部分を打撲すると、尾てい骨はあっけなく曲がってしまいます。そして痛みが出るようになるのです。 この状態を、尾てい骨打撲と言います。 尾てい骨打撲では、押すなどすると痛みが出ます。 怖いのは打撲の後遺症です。打撲で尾てい骨が歪み、肛門を圧迫して便秘を発症してしまいます。 また、打撲の際に仙骨まで歪みが出ると肩こりや腰痛まで出てしまうことになります。

 

 

ロードバイクを行うことで起きる尾てい骨の痛みについて
ロードバイクを行うことで起きるこの疾患は運転時の振動などがサドルを介して尾てい骨に伝わることで起こります。 そのため、エアーサドルカバーや柔らかい素材のサドルカバーなどを使用することが対策として必要となります。

 

 

尾てい骨痛クロスバイク
この疾患は、クロスバイクで痛みが改善されます。自転車は長時間乗っているとこの疾患になってしまうことがありますが、クロスバイクなら、この疾患が気にならないので長時間でも乗っていることができます。

 

 

エアロバイクによる尾てい骨痛について
エアロバイクを長時間行うことで尾てい骨に負担がかかります。これにより尾てい骨痛を引き起こしてしまいます。 特にエアロバイクを行う際、サドルのクッション性が少なかったり、正しい姿勢で行われていない際によりこの疾患を発症してしまいます。

 

 

自転車サドルで尾てい骨が痛い場合
自転車のサドルによっては、尾てい骨痛の場合があります。それはどういったサドルなのか見てみることにしましょう。まずは、体の形に合ってないものが考えられます。極端に小さいものや、クッション性のないものなどもその原因となるでしょう。

 

尾てい骨の痛みとサッカーについて
野球やサッカー、バスケットボール、テニスなどのスポーツを行っている上で様々な外傷が起こることがあります。 その中でも起こりやすい外傷の1つに尾てい骨痛があります。この疾患は、尻もちをついたり激しくぶつかることにより生じることが多く、治療法は消炎剤や鎮痛剤を服用し安静にすることです。

 

テニスによる尾てい骨の痛みの画像
テニスによる尾てい骨の痛みの原因について
テニスによる尾てい骨痛の原因で最も多いものは「尾てい骨を強打したこと」や「繰り返し尾てい骨を打撲したこと」、「尾てい骨のずれ」があげられます。 そのため、姿勢を矯正するストレッチや骨盤ベルトなどでの矯正等を行う必要があります。

 

 

尾てい骨の痛みの痛みとマラソンについて
尾てい骨痛の原因はデスクワークなどで長時間座っている方に多く症状が起こることがあります。またマラソン、ランニングで走る習慣がある人にも尾てい骨痛を感じることがありますが、入念にストレッチを行うことで改善されます。

 

 

尾てい骨の痛みの理由と運動後の場合の対処について
この疾患は、一定の姿勢の維持や同じ動作の繰り返しに伴って発生する事があります。運動においては、特に座位を維持して行う自転車を使うものでの発生例が多いと言えます。 運動後の痛みについてはアイシングで様子を見るのが適当ですが、数日に渡って症状が治まらない場合は坐骨神経痛の疑いがあり、注意して経過を見る必要があります。

 

 

尾てい骨の痛みを治すストレッチ
お尻を強打したり、繰り返して尾てい骨を打撲すると尾てい骨痛が慢性的に生じます。骨が曲がっている可能性もあるので、軽く押し上げるようにストレッチを行うことで痛みが軽減されます。尾骨のずれを改善するための運動で痛みが改善できます。

スポンサードリンク