腰痛ガイドマスター

スポンサードリンク

 

痛みが辛くて眠れない尾てい骨のひび!歩けるのか?

 

尾てい骨にひびが入ると、

 

仰向けでもうつ伏せでも痛みが強くて

 

なかなか眠れません。

 

それで歩ける?と、

 

心配になるでしょう。

 

尾てい骨にひびが入ったときは、

 

むしろ歩いている時の方が痛みが

 

和らいでいて楽なのです。

 

歩けるからまさかひびが入っているとは

 

思わなかったという人が多くいます。

 

 

尾てい骨のひび!歩ける?の画像

 

 

尾てい骨にひびが入った時の座り方について

 

尾てい骨にひびが入ったら座れる?

 

と気にする傾向があります。

 

尾てい骨にひびが入った場合には、

 

座り方を工夫することが大事です。

 

まず、正座は避けるべきです。

 

横座りにして、患部が足にあたらない

 

座り方が適しています。

 

 

 

 

尾てい骨にひびが入った場合には!お風呂に入れない?

 

尾てい骨にひびが入ったら、お風呂にはいっても大丈夫?

 

と心配する傾向が見受けられます。

 

下半身に力が入りにくくなりますから、

 

浴室で転倒する怖れがあります。

 

痛みが激しい場合には、入浴を回避した方が安心です。

 

 

 

 

尾てい骨に優しい寝方

 

尾てい骨にひびが入っていて

 

寝られないという方のために、

 

楽な寝方を解説します。

 

その方法は、抱きまくらなどを脚で挟みつつ、

 

横向きに寝るという方法です。

 

お尻のところにクッションを追加すると、

 

より一層楽に寝られるようになります。

 

 

寝起きに転倒してしりもちをついた衝撃で尾てい骨にひびが入る画像

 

 

尾てい骨にひびが入った時に仰向けで寝るとどうなるか

 

運動中や寝起きに転倒してしりもちをついた衝撃で、

 

尾てい骨にひびが入る事があります。

 

とても痛みが強く、安静にしていても落ち着きません。

 

もし尾てい骨にひびが入った時に、

 

仰向けで寝るとどうなるかですが、

 

ギプスで固定が出来ない部位なので、

 

仰向けで寝ると体重がそのひびの部分にかかります。

 

痛みをより感じやすくなるため、寝ることはできません。

 

 

 

 

くしゃみと尾てい骨の痛み

 

尾てい骨とは骨盤の一部で、

 

ちょうど肛門の上部周辺に位置しています。

 

外部からの強い刺激などで、

 

尾てい骨にひびが入ったり、

 

骨折した時は日常生活の様々な場面で

 

痛みに悩まされます。

 

座ったりくしゃみをすると尾てい骨に響き、

 

激痛が走るので注意が必要です。

スポンサードリンク