尾てい骨を強打した後の後遺症の多くは便秘症などです

尾てい骨を強打した後の後遺症の多くは便秘症などです

 

スノボをするときは尾てい骨に気をつけて
ウィンタースポーツとして恒例のスノーボード。白銀を颯爽と滑り降りてくる姿は、とてもかっこいいですよね。けれど、そこまでたどり着く前に、転び方をしっかり練習することをお勧めします。うまく転べないとスノボで強打し、尾てい骨を痛めることがとても多くあるからです。最悪の場合、骨折なんて言うこともあるので注意が必要です。

 

 

尾てい骨を強打した場合のお風呂
尾てい骨を強打した場合、お風呂に入る時に底と尾てい骨にあたると痛みを感じることがあります。お風呂に入ると血行がよくなっているため、通常よりも激しい痛みを伴う場合もあります。入浴は尾てい骨があたらないように入るとよいです。

 

 

尾てい骨を強打した場合のお風呂
尾てい骨を強打した後に発症する後遺症として最も多く報告されているのが、便秘症です。 尾てい骨は肛門に近いところにあるため、尾てい骨が打撲によって曲がってしまい、肛門に蓋をしてしまうことが原因と考えられています。

 

 

子供が転んで尾てい骨を強打したときの対処
子供が走り回って転び、尾てい骨を強打した場合、しばらく様子をよく観察しましょう。頭痛・足の痛み・腰の痛みを訴える、歩きかたがいつもと違うような場合は、尾てい骨が損傷していたり、ヒビの可能性も有ります。

 

尾てい骨にひびが入った時の日常生活の仕方

 

 

尾てい骨強打による不妊について
尾てい骨とは、脊柱の後端部分にある骨です。痕跡器官と呼ばれる部分で、基本的に大きな働きがある骨ではないです。 ただ、この尾てい骨を尻もち等によって強打すると、不妊の原因になるという説があります。これは、婦人科系の臓器に悪影響を及ぼす可能性があるためです。心配な場合には病院を受診したほうが良いです。

 

スポンサードリンク