尾てい骨が痛い13の原因とは

スポンサードリンク

尾てい骨が痛い8の原因とは

 

 

ページ内更新情報 

座り方の改善で痛みを予防する
以降を更新しました。 

尾てい骨が痛い13の原因
尾てい骨の骨折
尾てい骨にヒビ
尻もちをつく等のお尻に強い刺激が加わる事で起きる打撲
分娩リウマチ
ガン
車の運転
デスクワーク
同じ動作を繰り返す運動
坐骨神経痛
姿勢が悪く体が歪んでしまう
負担のかかる座り方をしている
仰向けで寝ている
ストレス性の筋肉疲労

 

尾てい骨が痛い原因は車の運転の画像
尾てい骨が痛い時は病院の何科?
尾てい骨が痛い時に病院に行く場合は、病院の何科がよいかというと整形外科に行くとよいです。また、総合病院が近くにあるなら総合病院の方がより安心です。それは原因がわからない場合は、状況に応じて適切に対応してくれます。

 

 

尾てい骨が痛くなる病気について
尾てい骨とは、脊柱の後端部分にあたる骨です。大きな役割を担っていない痕跡器官と呼ばれる部分です。  尾てい骨が痛い病気にはいくつかあります。代表的なものとしては、尻もちをつく等のお尻に強い刺激が加わる事で起きる打撲や、分娩等を原因とする女性特有の原因等が挙げられます。また、リウマチやガンが原因の場合もあるので、痛みを感じたら、病院を受診するのが賢明です。

 

 

尾てい骨が痛い腰痛とは
長時間の車の運転やデスクワーク、同じ動作を繰り返す運動なども腰痛の原因になります。その中でも尾てい骨が痛い場合は、坐骨神経痛の可能性が高いです。坐骨神経痛は背骨の腰の部分の尾てい骨が、坐骨神経を圧迫するために腰痛や足腰の痺れを引き起こします。

 

長時間座りっぱなしで尾てい骨にひびが入ることがある?

 

 

尾てい骨が痛い原因について
尾てい骨が痛い原因は、色々とかんがえられます。まず、尻もちなど外的な衝撃により痛みを感じることがあります。他に分娩によって骨盤が広がり痛みを感じます。他にも姿勢が悪く、体が歪んでしまって痛みを感じることがあります。

 

 

産後、尾てい骨が痛い
産後、尾てい骨が痛いことがあります。原因は、骨盤が広がりやすくなっているからです。出産は、より赤ちゃんが生まれやすくするために、ホルモンの関係で骨盤や筋肉が柔らかくなり、そのために、尾てい骨が痛いと感じることがあるのです。

 

尾てい骨が痛い原因は座り方の画像
座り方の改善で痛みを予防する
尾てい骨が痛い原因にはいろいろありますが、痛みがあるときは負担のかからない座り方をする必要があります。 椅子に座るときは、いつもより浅く腰掛け、軽く前傾姿勢をとるようにしてください。これだけでずいぶん楽になります。 また、できるなら正座してみてください。椅子に腰かけるより、尾てい骨に負担がかからないためお勧めです。

 

 

痛みは転んだり腰を強打したことが原因
転んだり腰を強打したことがきっかけで尾てい骨が痛むことがあります。 尾てい骨が痛い原因は、尾てい骨にヒビが入っていたり骨折してしまったことによるものが多いので、早めに医療機関で治療を行う必要があります

 

 

仰向けで寝ると尾てい骨が痛い
仰向けで寝ると尾てい骨が痛い原因として考えられるのは、産後による骨盤の歪みや筋肉のつき方のバランスが悪いなどが考えられます。整骨院などで歪みを治すことで、仰向けで寝ても尾てい骨が痛くなることはなくなります。

 

尾てい骨にひびが入った時の日常生活の仕方

 

 

尾てい骨が痛い原因は打った事による打撲
尾てい骨が痛い原因の多くは、打った事による打撲にあります。 尾てい骨を強く打ってしまうと、ひびが入ったり骨折をしている場合もあるので注意しなければなりません。 また産後に尾てい骨の痛みを訴える方もいる為、症状に合った対処方法や改善方法を見つけ、痛みの軽減を計りましょう。

 

尾てい骨の骨折とひびと打撲の症状の違いとは?

 

 

階段を登ると尾てい骨が痛い
階段の昇り降りなどで尾てい骨が痛いなんて方が結構な数います。 尾てい骨が痛い原因は姿勢によって筋肉に負担がかかっていたり、ストレス性の筋肉疲労だったりとさまざまです。 自分自身で原因がはっきりわからない場合は医師への早い相談が良いでしょう。

 

スポンサードリンク