腰の圧迫骨折の手術治療は骨の内部にアクリル樹脂を注入します

腰の圧迫骨折の手術治療は骨の内部にアクリル樹脂を注入します

 

腰の圧迫骨折の症状について
腰の圧迫骨折の症状としては鋭い痛みのほか骨によって神経系が圧迫されることによる知覚の麻痺や筋肉への指令伝達不良による手足の動作の衰えなどがあり、程度によっては普段の生活へ支障をきたすケースもあります。

 

 

腰の圧迫骨折の原因について
腰の圧迫骨折の原因についてご説明します。 腰の圧迫骨折は骨粗鬆症が原因になることがあります。骨粗鬆症は骨密度が低下し、骨がスカスカになっている状態なので、自分の体の重みに耐えられず、椅子に座っただけで骨折してしまうこともあります。

 

 

腰の圧迫骨折の手術方法
腰の圧迫骨折の手術方法には、経皮的バルーン椎体形成術があります。この術式は圧迫骨折によってつぶれてしまった椎体を、バルーン状の手術器具と医療用骨セメントを使用し、骨折前の状態に戻すという手術です。短時間で早期に痛みを軽減できるとされています。

 

 

腰の圧迫骨折の治療方法
腰の圧迫骨折の治療方法には、コルセットなどで脊椎を安定させて安静にして経過を見る安静治療と、圧迫骨折した骨の内部にアクリル樹脂を注入する手術治療があります。手術治療の場合、合併症を発症することもあり、長期入院が必要となることがあります。

 

腰を固定する新モデルザムストzw-7 5 4 3 ペルヴィロックとの違いは?

 

 

高齢者の腰の圧迫骨折について
高齢者の腰の圧迫骨折とは、加齢をその主な原因とした、老人に起こる症状といわれています。腰のまわりにある、神経や筋肉が加齢により、切れたり、痛みやすくなったりすることによりその症状が起こるとされています。

スポンサードリンク